24日午前11時頃、山形県南陽市梨郷の山形鉄道フラワー長井線第1梨郷踏切で、市内の70歳代女性が運転する軽ワゴン車と、赤湯発荒砥行きの普通列車(1両編成)が出合い頭に衝突した。女性と、列車の乗客乗員22人にけがはなかった。

南陽署の発表によると、踏切には警報機はあるが、遮断機はなく、進入した軽ワゴン車の右前方ライト付近に、列車の前面が衝突した。女性は「前方から車が来ないかどうかに気を取られ、警報音に気付かなかった」と話しているという。

この事故で、上下線4本に遅れや運休が生じ、約150人に影響した。

#踏切 #衝突 #ワゴン車


軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催