(Tony Studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

24日放送『土曜スペシャル バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅9 茨城・鹿嶋〜栃木・鬼怒川温泉』(テレビ東京系)のスピンオフが同日Tverで配信。対決旅の勝敗をわけた運命の1路線を #太川陽介 と振り返った。

◼バスと鉄道、どっちが早い?

同番組は、ローカル路線バス旅の達人・太川率いるバスチームと、鉄道好きの鬼軍曹・村井美樹率いる鉄道チームが対決。それぞれの公共交通機関と1万円分のタクシー代を使って、3つのチェックポイントを通過していかに早くゴールに到着するかを競う人気番組だ。

2日かけて、茨木のカシマサッカースタジアムから栃木の鬼怒川温泉展望台までの道のりを進んでいったが、30分差で村井チームの勝利となった。

◼タビリスのルート検証

スピンオフでは「勝負をわけた運命の1本」と題し、『バス旅』のルート検証でファンにはおなじみの旅行サイト・タビリスの全面協力での正解ルート発表が行われた。

「裁かれるみたいだね、なんで僕だけ呼ばれて裁かれなきゃいけないの?」と不満げな太川に、「今回非常に難しいルートで、針に糸を通すようなルートをよく探しだしたな、さすが太川さんだなと。改めて太川さんの達人ぶり、心に響くような感じでしたね」とリスの姿で登場したタビリスは絶賛。

「いいね、気分いいね。その調子で今日いこうね、褒めまくってちょうだい」と上機嫌になった太川だが、ここからバス旅の達人・太川でも気づきようがなかった正解ルートが明かされていく。

◼鬼門のバス停は…

タビリスはまず「タクシーの使いかた」に触れ、疲れもあってかいつもよりも不用意にタクシーを使っていたと注意してから2日目のルート検証に。

「難しいルートで(途中)つながらないのはわかっていたから、タクシー代を温存はしたかった」と太川が触れ、最大の難所となった鬼門・大田原市役所の乗り換えについて言及。

大田原市役所から野崎駅乗り換えで矢板駅まで進めば、鬼怒川温泉方面のバスが出ると知っていた太川。だが予定していた路線がすでに廃線となっており、大田原市役所で2時間の足止めをくらってゴールが大きく遅れてしまう展開となったのだ。

◼正解ルートにはヒントが…

タビリスはその直前の第3チェックポイント・なかがわ水遊園でのスタッフとの会話を指摘。水遊園スタッフから、北上して大田原市役所を目指すのではなく「一旦南下して宇都宮駅から鬼怒川温泉方面を目指すのもアリかも」と太川は助言をもらっていた。

時間の関係もありその案を却下した太川だが、タビリスは、4kmほど南下したところにある高田バス停から氏家駅行きへのバスがあると太川が確認していたとしたうえで、南下するのが正解だったと解説していく。

氏家駅から仲徳次郎バス停までは路線がないため、13kmの道のりを「タクシー代を温存していて」長く進めたなら、15時42分にはゴールの最寄りのバス停につけると推測。鉄道チームよりも先にゴールができたと明かされた。

◼視聴者も「キツいルート」

とはいえ、ネットを使えない状況で太川の選んだルートは「最適解」だとタビリスも称賛。鬼怒川方面につながっていると知っていたからこそ固執してしまった「矢板から新高徳便」が勝敗をわけた運命の1本だと締めくくった。

「あの対決旅にはね、蛭子(能収)さんとやったころのバス旅の経験が仇になることが多いんだよね。経験が逆効果になることもあるんだね」と嘆く太川だが、正解ルートの解説に視聴者からは「これもまたキッツいルートだな」「バスは難しいよね」「これを選択するのは無理じゃないかな。たとえ太川さんと言えども」「これ探すのは無理なので、ほとんど最初から負け確」といった意見が寄せられている。

#バス #運命 #太川陽介 #鬼怒川


『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場