JR東日本仙台支社は21日、東北本線全線開通130周年を記念し、「東北本線130周年号」を上野~青森間で9月11・12日に運転すると発表した。E653系の国鉄色編成が初めて仙台~青森間を走るほか、車内放送体験(人数限定)や昔のヘッドマークの閲覧など、車内でのイベントも用意されている。

E653系の国鉄色編成(提供 : JR東日本仙台支社)

「東北本線130周年号」は、9月11日に上野駅8時2分発・青森駅20時15分着で運転され、上野~青森間のおもな途中停車駅は大宮駅、宇都宮駅、黒磯駅、郡山駅、岩沼駅、仙台駅、一ノ関駅、盛岡駅、八戸駅、野辺地駅。9月12日に青森駅8時20分発・上野駅20時30分着で運転され、青森~上野間のおもな途中停車駅は八戸駅、盛岡駅、一ノ関駅、仙台駅、福島駅、郡山駅、矢吹駅、宇都宮駅、大宮駅となっている。

ツアー参加者には乗車記念ホーロープレートが付属するほか(一部対象外のツアーがある)、車内に乗車記念スタンプが設置され、車内放送体験(旅行商品購入の際に申し込む必要がある)も行われる。東北本線を運転していた「はつかり」のヘッドマークをスタッフが持って各号車を回り、記念撮影を行えるイベントも用意されている。

旅行商品は上野発の日帰りや1泊2日コース、仙台駅・青森駅発の日帰りコースが設定されており、上野発はびゅうトラベルサービス「日本の旅・鉄道の旅」サイトにて7月21日13時から、仙台駅・青森駅発はびゅうトラベルサービス「日本の旅・鉄道の旅」サイトのほか、大人の休日予約センター東北、東北の各びゅうプラザ、駅たびコンシェルジュにて7月21日16時から申込みを受け付ける。びゅうトラベルサービス以外にも、読売旅行、小田急トラベル、クラブツーリズム、阪急交通社から旅行商品が発売される。

#国鉄 #JR東日本 #子鉄 #鉄道イベント #電車


JR東日本、国鉄色E653系「東北本線130周年号」上野~青森間で運転

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も