JR東日本仙台支社は21日、「東北デスティネーションキャンペーン」特別企画として、東北新幹線白石蔵王駅にて旅行商品限定「東北DC特別企画 激レア体験! 新幹線検測車East iに潜入! IN 白石蔵王駅」を9月11日に開催すると発表した。

E926形「East i」(提供 : JR東日本仙台支社)

E926形「East i」(イーストアイ)は、新幹線が安全に走行するため、軌道や電気設備を定期的に検査する新幹線電気・軌道総合検測車の愛称。「East i」は最新技術を取り入れ、より速い速度で検査を行えるため、新幹線をベストコンディションに維持するという。

9月11日の「East i」見学会では、JR東日本社員の説明を聞きながら、普段乗車できない「East i」の車内を見学できるほか、ミニ新幹線の運行、キツネ小屋展示コーナー、9月11日限定のキツネ駅長カードの配布、新幹線に関わる情報コーナー、「East i」をモチーフとした掛紙付の特製弁当など用意されている。

旅行商品は東京駅発着、東京駅発仙台駅着、仙台駅発着などのコースがあり、旅行代金は東京駅発着の場合で大人2万3,000円・こども1万2,000円、東京駅発仙台駅着の場合で大人1万6,000円・こども9,000円、仙台駅発着の場合で大人9,700円・こども7,000円。申込みは7月26日14時頃から8月2日23時59分まで、びゅうトラベルサービス「日本の旅・鉄道の旅」サイトで受け付ける。

#新幹線 #JR東日本 #子鉄 #鉄道イベント #電車


JR東日本、新幹線検測車E926形「East i」車内見学ツアーを9月開催

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も