しなの鉄道は2021年7月20日、「星空ラッピングトレイン」の愛称投票を行うと発表した。

「星空ラッピングトレイン」は同社と長野県佐久地域振興局が連携し、「『佐久地域の美しい星空と自然』をPRし、県内外の多くの観光客の方にお越しいただくこと」を目的として今秋より運行を開始する車両。

車両のデザインも北に浅間山、南に八ヶ岳を望む佐久地域から見える星空をイメージしたもので、紺色のボディに映える赤から紫のグラデーションと星のきらめきを基調とし、パラボラアンテナ、浅間山・八ヶ岳の稜線で佐久地域を表現した。

長野県佐久地域振興局において6月に実施された愛称募集の結果、全国から606点の応募があったという。投票対象として選定された愛称候補は下記の4つ。

(1)さくコスモ(読み:サクコスモ)
これからも佐久地域が栄えていくように、佐久市で愛されるコスモスの花と盛んに行われている宇宙(コスモ)研究との2つの意味を込めました。

(2)さく星(読み:サクボシ)
星空のきれいな佐久地域を走るので、花が咲くように星が「咲く」を「佐久」にかけて、2つの意味を持たせました。

(3)晴星(読み:ハレボシ)
晴天率の高さと、美しい星空を並べました。「晴れ渡る空、きれいな空気、美しい星」などの情景が浮かぶよう、読みは「はれぼし」としました。

(4)ブルームスター
「佐久」を「咲く」にして英語にするとブルーム、「星」のスターと組み合わせて名付けました。

しなの鉄道は「皆様の投票によって愛称が決定しますので、多くの方に親しまれ佐久地域をPRする愛称にご投票をお願いいたします」としている。投票期間は2021年7月21日〜8月12日、電子申請やFAX、郵送など様々な方法で受け付ける。詳細は長野県佐久地域振興局のプレスリリース(7月20日発表)に掲載されている。

鉄道チャンネル編集部
(画像:しなの鉄道)

#投票 #車両 #観光客 #デザイン


しなの鉄道「星空ラッピング列車」の愛称投票へ

関連記事

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」

倖田來未も思わず爆睡!鉄道ファンが注目した高級クラス座席のお値段

北陸新幹線福井駅、外観が姿を現す – 8月に駅名標の取付けを実施へ