大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は19日、御堂筋線あびこ駅の可動式ホーム柵が完成し、7月24日から運用を開始すると発表した。御堂筋線全駅と四つ橋線大国町駅では、2022年3月末までに可動式ホーム柵の設置を予定している。

御堂筋線あびこ駅の可動式ホーム柵

御堂筋線では、これまでに心斎橋駅、天王寺駅、なかもず駅、江坂駅、新大阪駅、西中島南方駅、中津駅、梅田駅、昭和町駅、西田辺駅、長居駅で可動式ホーム柵を設置済み。あびこ駅で7月24日に可動式ホーム柵の運用を開始し、その後も北花田駅で7~8月の工事を経て8月下旬に運用開始、新金岡駅で7~9月の工事を経て9月中旬に運用開始、淀屋橋駅で8~10月の工事を経て10月上旬に運用開始を予定している。

他の路線でも、堺筋線全10駅で2022年度まで、四つ橋線全11駅と中央線全14駅で2024年度まで、谷町線全26駅で2025年度までに可動式ホーム柵の設置完了をめざしている。

#駅 #OsakaMetro #地下鉄


「大阪メトロ」御堂筋線あびこ駅に可動式ホーム柵 – 7/24運用開始

関連記事

JR東日本E4系「サンキュー Max」旅行商品専用列車、盛岡駅乗入れも

鉄道・運輸機構が改革プラン策定、業務改善の取組を加速

凸版印刷、鉄道事業者7社連携によるAIを活用したお客様案内の実証実験に参加

沢口靖子「鉄道捜査官」が3年ぶりに帰ってくる!“SL登場”で気になる展開

「佐賀駅」開業130周年記念!

東急「電車とバスの博物館」B棟を暫定活用したシェアオフィス公開