E751系車両イメージ 写真は特急「つがる」

JR東日本、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道は2021年9月4日、かつて盛岡駅〜青森駅間で運行していた特急列車「スーパーはつかり」を1日限りのリバイバルトレインとして特別運行する。

盛岡駅〜青森駅間が1891(明治24)年の開業から130周年を迎えることを記念し、東北DCの特別企画として運行するもの。「スーパーはつかり」が同区間を運転するのは19年ぶりという。

「リバイバル特急スーパーはつかり」は、E751系4両編成を使用し、青森駅〜盛岡駅間を往復。行程は往路が11:11頃 青森駅発 → 14:08頃 盛岡駅着、復路が15:00頃 盛岡駅発 → 18:07頃 青森駅着。野辺地、八戸、三戸、二戸に途中停車する。

特急「スーパーはつかり」は、東北新幹線連絡列車として盛岡駅〜青森駅間を結んでいた「はつかり」の速達型列車として2000年にデビュー。2002年12月に東北新幹線盛岡駅〜八戸駅間が開業したことで「スーパーはつかり」は廃止され、E751系電車は主に特急「つがる」で使用されることとなった。

旅行商品限定列車として、びゅうトラベルサービス、クラブツーリズム、阪急交通社の三社から7月20日発売予定。共通乗車特典として、記念乗車証をプレゼント。

鉄道チャンネル編集部
(写真:tarousite / PIXTA)

#スーパー #車両 #JR東日本 #銀河


青森〜盛岡間で「リバイバル特急スーパーはつかり」運行へ 9月4日限り

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催