JR西日本は、自社が保有する鉄道事業用光ファイバーネットワークを活用した情報通信事業に乗り出すと発表した。

JR西日本が鉄道事業用光ファイバーネットワークを活用した情報通信事業に乗り出すと発表

情報通信サービスの高品質化や多様化にともない国内のデータ通信量が年々増大する中、さまざまな強みを持つ鉄道事業用光ファイバーネットワークを活用することで、情報通信に関するさまざまな社会的課題にインフラ面で応えることができると同社は判断。情報通信事業を推進する新たなグループ会社「JR西日本光ネットワーク」を7月1日に設立し、利用者のニーズに沿ったきめ細やかなサービスをスピーディーに提供する態勢を整える。国内鉄道事業者における光ファイバネットワークの開放では最大規模になるという。

JR西日本によれば、鉄道事業用光ファイバーネットワークは鉄道沿線に敷設しているため、都市間を最短距離で接続しており、伝送損失がきわめて低いという。災害や事故に強く、工事による回線停止も少ないため、安定性も確保される。頑強な鉄道構造物上に敷設されている新幹線光ファイバーは、さらに高い安定性を誇るという。24時間365日、鉄道保守要員が設備を管理しており、異常時も迅速に対応できる態勢を整えているため、信頼性の面でもメリットがあると説明する。

新会社は、光ファイバーネットワークの空き芯線を貸し出す「芯線賃貸サービス」を今秋から本格的に始め、2022年春には高速データ通信サービスも開始する予定だという。

#JR西日本 #鉄道技術 #電車


JR西日本、光ファイバーネットワークを活用した情報通信事業に進出

関連記事

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」

倖田來未も思わず爆睡!鉄道ファンが注目した高級クラス座席のお値段