JR北海道は16日、羊蹄山など雄大な自然あふれる車窓風景を楽しめる特急「ニセコ」を9月4日から運転すると発表した。今年は大きな連続窓と天窓から雄大な景色が楽しめる開放感あふれるリゾート車両「ノースレインボーエクスプレス」で運転する。

特急「ニセコ」は今年、「ノースレインボーエクスプレス」を使用して運転される(提供 : JR北海道)
「ノースレインボーエクスプレス」(提供 : JR北海道)
「ノースレインボーエクスプレス」の車内(提供 : JR北海道)
3号車の1階ラウンジ(提供 : JR北海道)

運転日は、すでに発表されていた9月4~6日と9月9~19日の14日間に加え、9月20・23日の祝日2日間を追加した計16日間となる。9月23日は、沿線地域住民と連携した「自治体PRデー」として、特別な取組みを実施。「自治体PRデー」以外の運転日も、停車駅や車内での地元特産品の販売をはじめ、ご当地キャラクターによる出迎え・見送り等のおもてなしが実施される。

特急「ニセコ」は札幌駅から函館駅まで、小樽駅・倶知安駅・ニセコ駅経由で1日1往復運転。「ノースレインボーエクスプレス」は5両編成で、指定席3両・自由席2両となっている。

#JR北海道 #特急列車 #観光列車 #気動車


JR北海道「ニセコ」今年は「ノースレインボーエクスプレス」で運転

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売