チベット自治区初の電化鉄道、ラサ・ニンティ鉄道がこのほど開通。これにより高速列車「復興号」がチベット高原を走るようになっている。

チベット自治区初の電化鉄道・拉林鉄道が6月25日に開通し、「復興号」が31省・区・市全てをカバーするという歴史的瞬間を迎えた。そして、同自治区と高原鉄道建設の発展の歴史に新たな1ページが刻まれた。

拉林鉄道は、チベット高原ガンディセ山脈とヒマラヤ山脈の間の谷状のくぼ地に建設され、線路の90%以上が標高3000メートル以上の高地を走っている。その地形、地質条件は極めて複雑だ。約6年の工事期間中、建設作業員らは生態環境を保護することを前提として、中国、ひいては世界でもまれな一連の難関を攻略し、高原鉄道建設における「奇跡」を起こした。伸びていく鉄道と走る列車は、チベット高原における懸け橋となって各民族を団結させ、その交流や融合を促進すると期待されている。そして彼らが収入を増やして、豊かな生活を送るための「幸せの道」となり、産業のモデル転換と高度化を促進し、チベット自治区が質の高い発展を実現できるようサポートすると期待されている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#チベット #中国 #復興 #高速


チベット自治区初の電化鉄道、ラサ・ニンティ鉄道が開通—中国メディア

関連記事

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?