チベット自治区初の電化鉄道、ラサ・ニンティ鉄道がこのほど開通。これにより高速列車「復興号」がチベット高原を走るようになっている。

チベット自治区初の電化鉄道・拉林鉄道が6月25日に開通し、「復興号」が31省・区・市全てをカバーするという歴史的瞬間を迎えた。そして、同自治区と高原鉄道建設の発展の歴史に新たな1ページが刻まれた。

拉林鉄道は、チベット高原ガンディセ山脈とヒマラヤ山脈の間の谷状のくぼ地に建設され、線路の90%以上が標高3000メートル以上の高地を走っている。その地形、地質条件は極めて複雑だ。約6年の工事期間中、建設作業員らは生態環境を保護することを前提として、中国、ひいては世界でもまれな一連の難関を攻略し、高原鉄道建設における「奇跡」を起こした。伸びていく鉄道と走る列車は、チベット高原における懸け橋となって各民族を団結させ、その交流や融合を促進すると期待されている。そして彼らが収入を増やして、豊かな生活を送るための「幸せの道」となり、産業のモデル転換と高度化を促進し、チベット自治区が質の高い発展を実現できるようサポートすると期待されている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#チベット #中国 #復興 #高速


チベット自治区初の電化鉄道、ラサ・ニンティ鉄道が開通—中国メディア

関連記事

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売

秋の紅葉のシーズンにもおすすめ! 絶景が魅力の嵯峨野観光鉄道「トロッコ列車」に乗ってみた

JR北海道、年末年始に青函トンネル内で北海道新幹線210km/h走行実施へ

近鉄の名阪特急「ひのとり」大阪・名古屋から伊勢志摩方面へ乗入れ