一生モノの高級炭火焼コンロ「Grillストーブ」を開発

鉄道の券売機や自動改札機、銀行ATMなどの超高速駆動対応のメカ部品のほか、食品や医療機器など極めて高い精度を要する製品の部品を生産する山一産業株式会社(滋賀県草津市)は、精密板金加工技術を駆使した「炭火焼コンロ“Grillストーブ”」を商品化、7月14日(水)よりクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」でプロジェクト支援の募集をスタートしました。

■「炭火焼コンロ“Grillストーブ”」 プロジェクトページ■

https://www.makuake.com/project/yamaone/

【「炭火焼コンロ“Grillストーブ”」Makuake応援購入について】

■受付開始:2021年7月14日(水)

■申込終了:2021年8月30日(月)

■応援購入キャンペーン:超超早割30%OFF(20名様限定)、超早割20%OFF(30名様限定)、早割15%OFF(50名様限定)、MAKUAKE割10%OFF(50名様限定)、3台おまとめ割引35%OFF(5名様限定)、2台おまとめ割引25%OFF(10名様限定)

※上記キャンペーン利用で、磨きセットや使い捨て網、備長炭などがサービスで付属。

一人で、夫婦で、気の合う友人と
卓上でゆったり味わう炭火焼き

炭火で焼いた肉や魚介類、野菜というのは、格段に美味しい。しかし、炭火焼きやBBQは、「週末にみんなで楽しむもの」あるいは「店舗で楽しむもの」という非日常なイメージがあります。

「大人数ではなく、一人ででも気軽に炭火焼きを楽しみたい。卓上でゆっくり焼ける、そんな使い勝手の良いコンロが作りたい」。山一産業株式会社の代表取締役・木村一弘の思いから始まった挑戦でした。

長く使える一生モノ
見た目・機能性にもこだわり

精密板金加工職人の技術を駆使した美しい丸み、素材は丈夫で磨けば輝きが戻るオールステンレス。「良いものに愛着を持って長く使う」という、心も豊かになる考えた方も提案しています。食べる分だけ焼き、焼き残りも防ぐちょうどよい大きさ。焼き具合を調整できる仕組みで素材の旨さを引き出し、また、使った炭は蓋をすることで消火、次回に再利用できる機能性もあわせ持っています。
“Grillストーブ”は、炭火焼を身近にし、大人の癒しタイムを演出します。

【会社概要】
会社名:山一産業株式会社
所在地:〒525-0032 滋賀県草津市木川町431
代表取締役:木村 一弘
http://www.yamaone.co.jp/

(事業内容)
1908年鍛冶屋として創業。のちに機械・金型加工業を経て精密板金加工業へ。鉄道の券売機や自動改札機、銀行ATMのほか、医療機器などの部品を生産。職人たちの働く環境を整え、高齢になっても熟練技を活かせる職場を提供。このたび発表した“Grillストーブ”の商品開発には、代表取締役・木村一弘の思いと強いこだわり、職人たちの高度な技術が活かされています。

#加工 #クラウドファンディング #ストーブ #開発


【オールステンレス・炭火焼コンロ】精密板金加工会社が、クラウドファンディングで大人のBBQを提案

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」