「ボロボロ車両がピカピカになった!!」のキャッチコピーも決まる銚子電鉄のさび止め塗料

ぬれ煎餅からたい焼き、ペットフードまで、まさに何でもあり状態の銚子電気鉄道のオリジナル・タイアップ商品に、今回はさび止め塗料が加わった。「サビキラーPROボロピカEX by銚子電気鉄道」が発売された2021年7月5日は、折しも銚子電鉄の開業98周年の記念日。

千葉市の塗料メーカー・BAN-ZIが開発した商品を、銚子電鉄ブラントで販売する。新商品は、これまでのさび止め塗料で問題になっていた「さびが再発する」、「さびは一時的に止まったが、さびていない部分に付着して元の塗膜がはがれる」、「油性系が多く匂いがきつい」といった課題を解決した。

銚子電鉄との関係は、2017年に実施された「デハ801を往年の姿に!車両修復プロジェクト」。太平洋からの潮風でさび付き、老朽化してボロボロになっていた電車を、見事ピカピカによみがえらせた。復元なったデハ801は今も外川駅構内に展示されている。

銚子電鉄の商品といえば、いささか自虐的で秀逸なコメントが目を引くが、今回は「ボロボロなもの(経営)をピカピカにしたい」の願いを込めた。サビキラーには、赤さびを黒さびに変えて進行を止める機能があり、「この技術で銚子電鉄の経営状況も赤字を黒字に転換し、なんとか鉄道の存続を図りたい」の思いも託す。

家庭用の50グラムからプロ仕様の16キロ缶まで、用途に応じて5種類の商品がラインナップされている。

文:上里夏生
(画像:銚子電気鉄道)

#銚子電鉄 #発売 #電車 #ブランド


ボロボロの電車をピカピカに!! 銚子電鉄がさび止め塗料を自社ブランドで発売

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催