「ボロボロ車両がピカピカになった!!」のキャッチコピーも決まる銚子電鉄のさび止め塗料

ぬれ煎餅からたい焼き、ペットフードまで、まさに何でもあり状態の銚子電気鉄道のオリジナル・タイアップ商品に、今回はさび止め塗料が加わった。「サビキラーPROボロピカEX by銚子電気鉄道」が発売された2021年7月5日は、折しも銚子電鉄の開業98周年の記念日。

千葉市の塗料メーカー・BAN-ZIが開発した商品を、銚子電鉄ブラントで販売する。新商品は、これまでのさび止め塗料で問題になっていた「さびが再発する」、「さびは一時的に止まったが、さびていない部分に付着して元の塗膜がはがれる」、「油性系が多く匂いがきつい」といった課題を解決した。

銚子電鉄との関係は、2017年に実施された「デハ801を往年の姿に!車両修復プロジェクト」。太平洋からの潮風でさび付き、老朽化してボロボロになっていた電車を、見事ピカピカによみがえらせた。復元なったデハ801は今も外川駅構内に展示されている。

銚子電鉄の商品といえば、いささか自虐的で秀逸なコメントが目を引くが、今回は「ボロボロなもの(経営)をピカピカにしたい」の願いを込めた。サビキラーには、赤さびを黒さびに変えて進行を止める機能があり、「この技術で銚子電鉄の経営状況も赤字を黒字に転換し、なんとか鉄道の存続を図りたい」の思いも託す。

家庭用の50グラムからプロ仕様の16キロ缶まで、用途に応じて5種類の商品がラインナップされている。

文:上里夏生
(画像:銚子電気鉄道)

#銚子電鉄 #発売 #電車 #ブランド


ボロボロの電車をピカピカに!! 銚子電鉄がさび止め塗料を自社ブランドで発売

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も