東急は13日、「渋谷ヒカリエ」の北側、東京メトロ銀座線の上部に位置する歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」の内覧会を実施した。

「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」は7月15日にオープン
「渋谷ヒカリエ」と「ヒカリエデッキ」の接続部分

「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」(以下「ヒカリエデッキ」)は7月15日にオープン。「渋谷ヒカリエ」の3階および4階に面し、宮益坂と並行する形で整備された歩行者デッキとなる。「渋谷ヒカリエ」内を上下に移動する「アーバン・コア」と、この「ヒカリエデッキ」を経由することで、渋谷駅から宮益坂上までスムーズに移動できるようになり、渋谷駅東口エリアでの歩行者ネットワークが拡充される。

渋谷は谷地形や道路・鉄道によって駅施設周辺が複雑化しており、歩きやすい街にすることが必要だった。再開発計画の中で、鉄道上部人工地盤上に歩行者デッキを整備し、人が歩きやすいようにしている。

日よけができるように大きな傘が用意されている。他の場所に動かすことも可能
東京メトロ銀座線直上の「ヒカリエデッキ」
この壁面にアートが掲出される
宮益坂ビルディングとも直結

「ヒカリエデッキ」は全長約190m。4階部分は約130m、3階部分は約60mとなっている。このデッキは「渋谷ヒカリエ」への導入路としてまずは機能することになる。谷の地形を生かし、誰もが歩いて楽しい歩行空間とすることを目標としている。

「ヒカリエデッキ」の役割として、渋谷駅と東西地域、青山・表参道方面および周辺施設を結ぶ歩行者ネットワークを形成すること、植栽などを設けることで緑あふれる憩いの場とし、キッチンカーの出店やムービングライトによる音と光の演出でにぎわいをもたらすことが挙げられる。今年秋には「渋谷ヒカリエ」の壁面を利用したアートが掲出される予定。同時期にコミュニティFM「渋谷のラジオ」のサテライトスタジオも入居する。

3階と4階の間を行き来する箇所にエスカレーターやエレベーターを設け、バリアフリーに配慮している
3階部分。キッチンカーが来る場所や、駐輪場も確保されている
宮益坂への通路。「ヒカリエデッキ」に誘導している
植栽やベンチ、風よけなどで快適な空間を確保している

3階は24時間開放され、4階は7時30分から21時30分まで通行可能。将来的には「ヒカリエデッキ」から「渋谷スクランブルスクエア」などで整備を行う歩行者デッキおよび「渋谷マークシティ」を経由することで、地上に降りることなく宮益坂上と道玄坂上を移動できるようになる。

「ヒカリエデッキ」は渋谷駅を東西を結ぶ歩行者動線「スカイウェイ」の一部として先行オープンした。東京メトロ銀座線渋谷駅の屋根上には、人が歩けるスペースがすでに確保されている。

将来的には東京メトロ銀座線渋谷駅の上部も歩けるようになる

なお、東京都の緊急事態宣言を受けて規模は縮小されるものの、「ヒカリエデッキ」の7月15日オープンに関連したイベントは行うとのことだった。

#駅 #地下鉄 #東急電鉄 #東京メトロ


銀座線直上「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」オープンを前に内覧会

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間