JR九州は2022年度秋頃に予定している西九州新幹線(武雄温泉~長崎間)の開業を見据え、イタリアから新規購入したレール削正車を追加投入すると発表した。

追加投入するレール削正車と同型の車両

レール削正車は、下部に搭載した砥石でレール頭部(表面)を削る車両。列車の走行で傷が発生しやすくなったレール表面部分を除去し、レールの寿命を延ばす役目がある。レールの表面をなめらかにすることで、騒音も減らせるという。

JR九州は今回、スペノ・インターナショナル社製のレール削正車(3両編成)を新規購入。作業時速度は4~6km/hで、ひと晩あたり約700mの作業が可能とのこと。現在、イタリアから輸送中で、7月15日に熊本港で陸揚げし、熊本新幹線保守基地へ搬送する予定。11月頃から九州新幹線の線路保守作業に使用する計画で、今後はこれまで使用していた車両と合わせ、西九州新幹線を含めてレール削正車2台体制で線路保守を行う。

#JR九州 #新幹線 #車両新造 #改造


JR九州、西九州新幹線開業に備えてイタリアからレール削正車を購入

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」