JR九州は2022年度秋頃に予定している西九州新幹線(武雄温泉~長崎間)の開業を見据え、イタリアから新規購入したレール削正車を追加投入すると発表した。

追加投入するレール削正車と同型の車両

レール削正車は、下部に搭載した砥石でレール頭部(表面)を削る車両。列車の走行で傷が発生しやすくなったレール表面部分を除去し、レールの寿命を延ばす役目がある。レールの表面をなめらかにすることで、騒音も減らせるという。

JR九州は今回、スペノ・インターナショナル社製のレール削正車(3両編成)を新規購入。作業時速度は4~6km/hで、ひと晩あたり約700mの作業が可能とのこと。現在、イタリアから輸送中で、7月15日に熊本港で陸揚げし、熊本新幹線保守基地へ搬送する予定。11月頃から九州新幹線の線路保守作業に使用する計画で、今後はこれまで使用していた車両と合わせ、西九州新幹線を含めてレール削正車2台体制で線路保守を行う。

#JR九州 #新幹線 #車両新造 #改造


JR九州、西九州新幹線開業に備えてイタリアからレール削正車を購入

関連記事

JR西日本、和歌山線粉河~和歌山間で昼間時間帯の一部列車取りやめ

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」