JR東日本はこのほど、2020年度の駅別乗車人員などのデータの取りまとめが完了し、サイト上に公開したと発表した。同社は駅別乗車人員、新幹線駅別乗車人員、BRT駅別乗車人員、路線別の利用状況について、サイト上でデータを公開している。

JR東日本が2020年度の駅別乗車人員などのデータを公開

2020年度の駅別乗車人員は、新型コロナウィルス感染症の影響による生活様式の変化や旅行自粛などにともない、上位10駅についても変動している。

2019年度の駅別乗車人員は、1位が新宿駅、2位が池袋駅、3位が東京駅、4位が横浜駅、5位が品川駅、6位が渋谷駅、7位が新橋駅、8位が大宮駅、9位が秋葉原駅、10位が北千住駅だった。これに対し、2020年度は1位が新宿駅、2位が池袋駅、3位が横浜駅、4位が東京駅、5位が渋谷駅、6位が品川駅、7位が大宮駅、8位が新橋駅、9位が北千住駅、10位が川崎となっている。

東京駅、品川駅、新橋駅、秋葉原駅など都心に近い駅の順位が下がる一方、横浜駅、大宮駅、川崎駅など都心から離れた駅の順位が上がった傾向が見られる。上位10駅以外では、立川駅が16位から13位、西船橋駅が24位から16位、船橋駅が25位から17位、柏駅が27位から24位、千葉駅が34位から29位、大船駅が42位から39位、浦和駅が47位から37位へと上昇している。

都心に近い駅では、上野駅が13位から14位、有楽町駅が15位から18位、浜松町駅が17位から22位、田町駅が18位から21位、恵比寿駅が20位から25位へと順位を下げている。

#駅 #JR東日本


JR東日本、2020年度駅別乗車人員を公開 – 都心の駅の順位が下がる

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ