日本コーヒーフェスティバル実行委員会と南海電気鉄道は7月17日・18日、コーヒーの祭典「高野山とふもと ジャパンコーヒーフェスティバル2021」を開催する。時間は10時〜17時。雨天決行。
期間中は、高野山・高野山麓エリアの自然豊かなロケーションでコーヒーを楽しみ回遊できるように、橋本〜高野山駅間の8駅(学文路駅・上古沢駅・極楽橋駅を除く)の構内などに、さまざまな店舗がこだわりのコーヒー店が出店する。
会場は、橋本駅の駅前ロータリー、紀伊清水駅の改札付近、九度山駅の駐輪場及びデッキ(本部)、高野下駅の椎出厳島神社境内、下古沢駅の改札付近、紀伊細川駅の細川八坂神社境内、紀伊神谷駅の旧白藤小学校、高野山駅の2階テラス。コーヒーに合う焼き菓子などを提供する店舗や、地域の物産を取り扱う店舗も出店する。コーヒーを片手に楽しめる音楽ライブも行う。
コーヒーチケットは、「前売り券 コーヒーチケット3枚(うち1枚「運命のコーヒーチケット)」(1,200円)、「当日券 コーヒーチケット3枚(うち1枚「運命のコーヒーチケット」)」(1,500円)、「追加券 コーヒーチケット3枚券(1,000円)の3種。イベント2日間を通して有効で、基本的にはコーヒーチケット1枚でコーヒー1杯(100cc 程度)と交換できる。コーヒー豆やフードなどは現金で販売する。
またコーヒーチケットのなかに含まれる「運命のコーヒーチケット」は、”偶然の出会いを楽しむ”というコンセプトのもと、九度山駅会場でくじ引きを行い、使用店舗を指定するチケット。残りの2枚および「追加券(3枚)」は、すべて好きな店舗で使用できる。
期間中、各会場間の移動に便利な橋本駅から高野山駅までの区間が1日乗り放題となる1日フリー乗車券「ジャパンコーヒーフェスティバル2021」(大人500円、小児250円)も、九度山駅会場で発売する。九度山駅の窓口では発売しない。販売時間は9時〜16時。
また、期間中は九度山駅 改札前にて、7月4日までインターネットで抽選販売を行っていた「南海電鉄オリジナル鉄道コレクション 南海2300系」の販売も実施。当選者のみ購入できる。購入権利を他の人に譲渡することは不可。

#コーヒー #出店


高野山と麓エリアでコーヒーの祭典–8つの駅でコーヒーを飲み比べ

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売