カメラがあれば始められる手軽さから、多くの人が趣味として楽しんでいる写真撮影。人物や建物などの被写体ではなく、列車などの鉄道をテーマにした鉄道写真の撮影を楽しむ人のことを世間では「撮り鉄」と呼ばれており、人気のジャンルでもある。

今、ネット上ではとある駅で撮られた1枚の写真が話題だ。

■「この写真が男の子に届きますように」

話題となってるのは、ツイッターユーザー・青回さんが11日に投稿した写真。

駅のホームで手を振って列車を見送る男の子に、車掌さんが手を振り返しているという情緒あふれる素敵な写真だ。投稿には「いい写真ですね」「ホッとする光景」「これぞ、日本の残したい風景です」と称賛の声が寄せられていた。

写真は京都丹後鉄道で撮影されたようだが、投稿には「この写真が男の子に届きますように」とコメントされている。しらべぇ編集部は青回さんに詳しい話を聞いてみた。

関連記事:先生のミスで幼稚園児が教室に取り残され… 窓から転落し頭蓋骨を折る重傷

■二俣駅のホームで

京都丹後鉄道は京都府北部の丹波、丹後地域と兵庫県北東部の但馬地域を走る鉄道で、舞鶴市と宮津市を結ぶ「宮舞線」、宮津市から与謝野町、京丹後市を経て、兵庫県の豊岡市を結ぶ「宮豊線」と、福知山市と宮津市を結ぶ「宮福線」がある。

撮影のため、宮福線の二俣駅を訪れたという青回さん。駅のホームで男性と小さな男の子が電車を見ていたそうで、その光景をかわいいなと思いながら眺めていたとのこと。

男の子が電車に手を振っていた姿を写真に収めようとした時、電車の車掌さんが男の子に気付き、手を振り返した瞬間を撮影したものという。

■声をかけられず…

青回さんは撮影後、「良い写真撮れましたよ!」と男の子と男性に声をかけに行こうとしたが、話しかける勇気が出なかったそうだ。

そのためツイッターを通して、男の子の親御さんにこの写真が届けばいいなと思いツイートしたという胸の内を明かす。

■「車掌さんのような優しい人に」

男の子に直接声をかけることは叶わなかったが、青回さんは「日々色んな人への感謝を忘れずに、車掌さんのような優しい人になってほしいです」と男の子に向けての気持ちを語っていた。

・合わせて読みたい→炎上する家で熟睡中の飼い主を起こしに走り… 脱出を見届けた愛犬2匹が焼死

(取材・文/しらべぇ編集部・中島隼貴

#ローカル #カメラ #撮り鉄 #投稿


「男の子に届きますように」 素敵なローカル線写真を公開した撮影者の意図とは

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も