JR九州は12日、D&S列車「36ぷらす3」を博多~長崎間で臨時運行し、報道関係者向けの試乗会を実施した。「36ぷらす3」は10時30分頃、博多駅6番のりばに入線。JR九州の職員たちに見送られ、10時51分に博多駅を発車した。

「36ぷらす3」が博多駅6番のりばに入線

「36ぷらす3」は特急形電車787系1編成(6両編成)をリニューアルし、2020年10月から運行開始したJR九州のD&S列車。黒い森をイメージしたメタリック塗装を施し、車体の各所にロゴマークをあしらった外観、1~3号車をグリーン個室、4号車をマルチカー、5~6号車をグリーン席とし、3号車にビュッフェを設け、落ち着きと快適な居住性の提供をめざした車内空間が特徴となっている。木曜日から月曜日まで5日間かけて九州7県を巡り、月曜日ルートでは日中時間帯の博多発長崎行に加え、折返しの長崎発博多駅にて同列車唯一のディナータイム運行を行う。

6月22日から7月13日まで、梅雨に伴う計画的な運休期間が設定され、この間に車両の点検・整備を実施。7月14日から夏・秋の運行を再開する。これに先立ち、7月12日に博多~長崎間で臨時運行が行い、報道関係者らを対象に試乗の機会が設けられた。今回は月曜日ルート(博多発長崎行)と同様の行程で鹿児島本線・長崎本線を走行。ランチプランの食事提供に加え、途中の肥前浜駅で約55分間停車し、駅ホーム直結の日本酒バー「HAMA BAR」でのおもてなしなど行うとのこと。



「36ぷらす3」は博多駅を10時51分に発車し、長崎駅へ向かう

#観光列車 #JR九州 #電車 #特急列車


JR九州「36ぷらす3」臨時運行、点検・整備終え7/14から運行再開へ

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ