東京メトロは赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線)と永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)を結ぶ改札内の乗換通路において、11人乗りの斜行型エレベーターを7月10日から供用開始した。これにより、両駅間のバリアフリールートがより便利になるとのこと。

新設エレベーターのイメージ
新設エレベーターの設置箇所
斜行型エレベーターのイメージ

これまで赤坂見附駅と永田町駅を結ぶ改札内の乗換通路において、すでに供用開始しているエレベーター2カ所と階段昇降機1カ所をバリアフリールートとしていた。今回、階段昇降機が利用されていた箇所にエレベーターを整備することで、エレベーターだけで両駅間の乗換えが可能になる。

新たに整備するエレベーターは、首都圏の鉄道事業者で初という斜行型エレベーターを採用。既設構造物内に必要な空間を確保できたため、掘削を伴わずに斜行型エレベーターの整備を可能とした。なお、隣接するエスカレーター工事や内装の工事は2022年6月頃の完成を予定している。

#駅 #東京メトロ #地下鉄


東京メトロ、赤坂見附駅・永田町駅間の斜行型エレベーター供用開始

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も