JR東日本グループは、コーヒーや駅そばのトッピングが無料になるサブスクリプションサービス「JREパスポート」をトライアル実施すると発表した。「Suica通勤定期券」の利用者を対象としたサービスで、店舗のサブスクプラットフォームを提供するfavy、JR東日本クロスステーションと協同で行う。

上野駅、秋葉原駅、八王子駅の「ベックスコーヒー」が1日3杯まで無料に(イメージ)

上野駅、秋葉原駅、八王子駅の「ベックスコーヒー」にて、来店ごとにブレンドコーヒーMサイズ1杯(通常300円)を1日3回まで無料で提供する「ベックスコーヒープラン」は月額2,500円で販売。マイボトルを持参した人にテイクアウトのブレンドコーヒーMサイズ1杯を無料で提供する「ベックスマイボトルプラン」は月額1,500円となる。上野駅、秋葉原駅、八王子駅の「いろり庵きらく」にて、そば注文時にトッピング1品を無料で提供する「きらくトッピングプラン」は月額1,000円で販売する。

その他、駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」を利用できるプランも販売。月10回、15分利用できる「15分プラン」(1,500円)、月5回、60分利用できる「60分プラン」(3,000円)、月8回、2時間利用できる「2時間プラン」(6,400円)の3種類あり、全国の「STATION BOOTH」で利用できる。

3駅の「いろり庵きらく」では、トッピングが1日1回まで無料(イメージ)
「STATION BOOTH」を定額で利用できるプランも販売

「JREパスポート」は、8月31日まで専用サイトや各店舗で販売。サービス提供期間は9月30日までとなっている。

#JR東日本 #駅弁 #グルメ #Suica #PASMO #ICOCA


「JREパスポート」サービス試行、コーヒー・駅そばトッピング無料

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も