JR東日本高崎支社の組織横断プロジェクト「Mコネクト ~線路はつづくよ♪ 地域をつなぐプロジェクト~」は、「矢絣柄デザイン」の列車(211系)に地元の高校生が制作したポスターを7月中旬から掲出すると発表した。

「矢絣柄デザイン」の211系。両毛線を中心に運行される

今回の取組みでは、「着物と栃木市の風景」をテーマに、栃木市を愛する地元の高校生が「多くの人に栃木市に来てもらいたい!」という強い思いの下、制作したポスターを「矢絣柄デザイン」の列車の窓上広告スペースに掲出。7月中旬から9月下旬まで運行を予定している。

ポスターのデザインを「とちぎ高校生蔵部」、作画を栃木県立栃木女子高等学校美術部が担当。今の地元高校生目線で、訪れてもらいたい栃木のスポットを背景に、「一人の女の子の成長ストーリー」を描いているとのこと。

#JR東日本 #電車


JR東日本、両毛線211系「矢絣柄」列車に高校生制作のポスター掲出

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も