タカラトミーは、ICカードを使った乗車を疑似体験できるプラレール「ピッとしてGO! 変形ドデカシンカンセンのぞみ」を8月5日に発売する。全長約45cmの新幹線N700Sが駅に変形し、自動券売機や自動改札機、ホームが現れる商品となっている。

「ピッとしてGO! 変形ドデカシンカンセンのぞみ」展開イメージ
展開する前の状態
自動券売機や自動改札機でICカードを使う体験ができる
別売りのレールやプラレール車両と組み合わせて遊べる

付属の「乗車カード」を使うことで、ICカードでのきっぷ購入や自動改札も体験可能。駅でのカードタッチは「プラレール」初のしかけで、自動券売機にタッチするとアナウンスが流れ、指で画面を押してきっぷ購入や座席選択などの疑似体験ができる。乗車カードを改札にタッチすると、N700Sの頭部が大きく開き、アナウンスとともに停車中の車両が発車する。流れる音声は80パターン以上あり、さまざまなシチュエーションが楽しめるという。

価格は8,580円。「ドデカシンカンセン」以外の「プラレール」車両やレールは付属しない。全国の玩具専門店、百貨店・量販店などの玩具売場、「プラレールショップ」やタカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで取り扱う。

#子鉄 #鉄道模型 #玩具 #JR東海 #電車


N700Sが変形! ICカード乗車体験プラレール「ドデカシンカンセン」

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間