養老鉄道は7月17日、オリジナルTシャツとレール文鎮を発売する。これに先立ち、イオンモール大垣(岐阜県大垣市)で7月11日まで開催されるイベント「岐阜のいいとこ再発見!」の養老鉄道ブースにて、Tシャツとレール文鎮の先行発売も行われた。

レール文鎮イメージ
オリジナルTシャツイメージ

「養老鉄道オリジナルTシャツ」は、白地のTシャツの左胸に、養老線車両のカラーリング4種をモチーフにしたデザインをプリントした。襟下にもシングルアームパンタグラフのイラストをプリントしている。綿100%で、サイズはS・M・L・XLの4種類。価格は1,900円。500着限定となっており、養老線の下深谷駅、多度駅、駒野駅、養老駅、西大垣駅、大垣駅、揖斐駅の各駅窓口とイベント会場、養老鉄道通販サイトで取り扱う。

レール文鎮は、養老線で実際に使用されていた1959年製のレールを約1cmの厚さにカットしたもの。レーザー加工により、社章・社名ロゴマーク・製造年を刻印した。プラスチックケース入りで、価格は1個3,000円。7月17日から同社通販サイトで販売する。

#子鉄 #中小私鉄 #三セク #鉄道グッズ #電車


養老鉄道、オリジナルTシャツとレールを再利用した文鎮を7/17発売

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ