養老鉄道は7月17日、オリジナルTシャツとレール文鎮を発売する。これに先立ち、イオンモール大垣(岐阜県大垣市)で7月11日まで開催されるイベント「岐阜のいいとこ再発見!」の養老鉄道ブースにて、Tシャツとレール文鎮の先行発売も行われた。

レール文鎮イメージ
オリジナルTシャツイメージ

「養老鉄道オリジナルTシャツ」は、白地のTシャツの左胸に、養老線車両のカラーリング4種をモチーフにしたデザインをプリントした。襟下にもシングルアームパンタグラフのイラストをプリントしている。綿100%で、サイズはS・M・L・XLの4種類。価格は1,900円。500着限定となっており、養老線の下深谷駅、多度駅、駒野駅、養老駅、西大垣駅、大垣駅、揖斐駅の各駅窓口とイベント会場、養老鉄道通販サイトで取り扱う。

レール文鎮は、養老線で実際に使用されていた1959年製のレールを約1cmの厚さにカットしたもの。レーザー加工により、社章・社名ロゴマーク・製造年を刻印した。プラスチックケース入りで、価格は1個3,000円。7月17日から同社通販サイトで販売する。

#子鉄 #中小私鉄 #三セク #鉄道グッズ #電車


養老鉄道、オリジナルTシャツとレールを再利用した文鎮を7/17発売

関連記事

名鉄7000系「パノラマカー」60周年記念「舞木検査場で胸アツ体験」

JR東日本、東北本線本宮駅リニューアル – 12/18から新駅舎使用開始

南海電鉄「ラピート」土休日ダイヤのみ10/30からすべての運転再開

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅