JR東日本千葉支社は9日、定期運行を終えた国鉄型車両185系によるツアーを発表した。小湊鐵道・いすみ鉄道と協力する「185系で行く『久留里・いすみライン』号」「185系で行く『国鉄ドリーム』号」「185系で行く『里山ドリーム』号」、銚子電気鉄道と協力する「ぐるっと北総水郷185(いっぱーご)」を実施する。

JR東日本の特急形電車185系(JR東日本千葉支社提供)

「185系で行く『久留里・いすみライン』号」は、JR木更津駅構内を特別見学し、普段乗ることのできない軌陸車やレールスターに体験乗車。木更津運輸区社員によるキハE130形の車両解説のほか、いすみ鉄道の国吉駅で保存車両キハ30形の特別見学、いすみ鉄道社員による車両解説と撮影会、車内見学を行えるツアーとなっている。出発日は9月4日で、旅行代金は両国駅発着で大人2万900円(大人のみ)。

「185系で行く『国鉄ドリーム』号」は、小湊鐵道の五井機関区を特別見学し、小湊鐵道社員による気動車のエンジン解説、小湊鐵道キハ40形の貸切乗車、いすみ鉄道の国吉駅で保存車両キハ30形の特別見学、いすみ鉄道社員による車両解説と撮影会、車内見学を行えるツアーとなる。出発日は9月4日で、旅行代金は両国駅発着で大人1万9,900円・こども1万8,500円。

「185系で行く『里山ドリーム』号」は、小湊鐵道の「房総里山トロッコ」に乗車し、里山の風景を楽しめるほか、大多喜ハーブガーデンのオリジナルランチ、国鉄車両・地下鉄・モノレールなど昔懐かしのさまざまな車両を見学できる「ポッポの丘」での展示車両見学を楽しめるツアー。出発日は9月4日で、旅行代金は両国駅発着で大人1万7,000円・こども1万4,000円。

「185系で行く『久留里・いすみライン』号」「185系で行く『国鉄ドリーム』号」「185系で行く『里山ドリーム』号」は7月12日14時から、びゅうトラベルサービス「日本の旅、鉄道の旅」サイトにて受付開始する。

185系は緑色の斜めストライプが特徴(JR東日本千葉支社提供)
185系の車内(JR東日本千葉支社提供)

「ぐるっと北総水郷185」は、6両編成の185系に乗車し、普段は定期列車が入線しない新金線の新小岩(操)~金町間、鹿島線の鹿島神宮~鹿島サッカースタジアム間、鹿島サッカースタジアム駅構内の留置線の入線体験を楽しめるツアー。銚子駅で2時間半の滞在時間を設け、レトロ感のある銚子電鉄の旅を楽しめるなど、鉄道三昧の1日を体験できる。出発日は9月11・12日。旅行代金は千葉駅発着で大人1万7,800円・こども1万3,800円。7月15日13時から、びゅうトラベルサービス「日本の旅、鉄道の旅」サイトで受付開始する。

#鉄道車両の引退 #鉄道イベント #JR東日本 #中小私鉄 #三セク #電車


JR東日本185系ツアー開催、小湊鐵道・いすみ鉄道・銚子電鉄と協力

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ