JR東日本をはじめとする首都圏の鉄道事業者が9日、東京2020大会(オリンピック)期間中における臨時列車の運転の取りやめを発表した。

JR東日本はオリンピック期間中、首都圏21線区で終電以降の深夜帯に臨時列車を計画していたが、運転取りやめに

JR東日本は6月30日、東京2020オリンピック期間中における臨時列車の運転について発表していたが、政府や東京都、国際オリンピック委員会などによる5者協議の決定を踏まえ、首都圏21線区で計画していた終電以降の深夜帯の臨時列車運転を取りやめることとした。競技会場の最寄りとなる路線などを含めた詳細については、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と調整の上、決まり次第、発表するとしている。

首都圏ではその他、東京メトロ、東急電鉄、小田急電鉄、京王電鉄、京急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、東京都交通局、東京モノレール、ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道(りんかい線)、埼玉高速鉄道、横浜高速鉄道(みなとみらい線)、相模鉄道、横浜市交通局などの鉄道事業者も、東京2020大会期間中の臨時列車を運転取りやめとすることを発表した。

#JR東日本 #電車 #東急電鉄 #東京メトロ #小田急電鉄 #京急電鉄 #西武鉄道 #相鉄 #東京都交通局 #東武鉄道


JR東日本など首都圏の鉄道事業者、東京五輪期間の臨時列車取りやめ

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も