ジャルパックはこのほど、JALふるさとアンバサダーと貸切列車で北海道内をめぐるツアー「ひとつの列車で、ひとめぐり。北海道」を発売した。

「ひとつの列車で、ひとめぐり。北海道」ビジュアル

同社は先月、JALふるさとアンバサダーが企画に携わる初の企画として、フライトクラスや宿・サービスを厳選した北海道周遊ツアー「HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」を発売している。今回は、より購入しやすい価格とした通常コースを8つ用意。すべてのコースでフリースペースやラウンジ、WiーFi(全車両)、電源コンセント(全座席)を備えたJR北海道キハ261系5000番台「ラベンダー編成」を貸切運行する。列車内にて、JALふるさとアンバサダーによるおもてなしも予定している。

コース例として、東京・大阪・名古屋9月30日発・4泊5日のAコースは、札幌・釧路・網走・富良野にそれぞれ1泊する行程で、旅行代金は13万8,000円から(2名1室利用時の1名料金)。東京(羽田空港)10月1日発・1泊2日のFコースは、新千歳空港から釧路に移動して1泊し、網走を経由して女満別空港から羽田空港に帰着する行程で、2名1室利用時の1名料金は7万8,000円から。その他、9月30日から10月3日まで、出発日や行程の異なるツアーが用意される。「ひとつの列車で、ひとめぐり。北海道」専用ページで申込みを受け付ける。

#観光列車 #鉄道イベント #JR北海道


JR北海道「ラベンダー編成」で巡る周遊ツアー発売 – ジャルパック

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ