神戸市交通局は8日、地下鉄西神・山手線などで活躍した3000形が7月をもって引退することを受け、3000形に記念ヘッドマークを掲出してラストランに華を添えるとともに、7月25日に名谷車両基地でツアー形式の引退記念イベントを実施すると発表した。

神戸市営地下鉄3000形の引退記念イベントが実施される

3000形ラストランヘッドマークは、1994(平成6)年から27年間にわたり活躍した3000形に「ありがとう」の思いを込め、7月1日から運行終了まで3000形1編成(28号車)に掲出する。

神戸市営地下鉄名谷車両基地での引退記念イベントは、7月25日に9時30分から12時まで、13時から15時30分まで、16時から18時30分までの3回にわたり実施。引退車両の車内・運転席に入る「3000形車両内見学」、最後の1台の車両から吊り輪をその場で切って記念に持ち帰る「吊り輪狩り!?」、車掌・運転士用の帽子を被って記念撮影(使用後消毒あり)や運転台から車掌マイクを使っての車内放送など行える「車掌に成りきり体験」、地下鉄の運転席を再現した最新シュミレータ―を体験できる「運転シミュレーター体験」、神戸市交通局職員による「神戸市営地下鉄知識 力試し」、神戸市電の昔の車両や資料を閲覧できる「市電車の見学」を予定している。

3000形ラストランヘッドマークのデザイン
「運転シミュレーター体験」のイメージ
「市電車の見学」のイメージ

参加者特典として、イベント限定の「3,000形限定ヘッドマークステッカー」をはじめ、「6000形ボールペン(非売品)」「回数券メモ(非売品)」といった特典を用意するほか、ツアー参加者限定で最後の3000形車両備品購入の先行予約を受け付ける。

参加申込みは7月9日10時から、ツアーを主催するビートラベルの「Kobe Local Tours」公式サイト内「現地ツアー」ページにて、大人(中学生以上)7,200円(小学生以下は大人1名につき1名まで無料)で受け付ける。

#鉄道車両の引退 #鉄道イベント #地下鉄 #電車


神戸市営地下鉄3000形、7月引退 – ヘッドマーク掲出、イベント開催

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も