神戸市交通局は8日、地下鉄西神・山手線などで活躍した3000形が7月をもって引退することを受け、3000形に記念ヘッドマークを掲出してラストランに華を添えるとともに、7月25日に名谷車両基地でツアー形式の引退記念イベントを実施すると発表した。

神戸市営地下鉄3000形の引退記念イベントが実施される

3000形ラストランヘッドマークは、1994(平成6)年から27年間にわたり活躍した3000形に「ありがとう」の思いを込め、7月1日から運行終了まで3000形1編成(28号車)に掲出する。

神戸市営地下鉄名谷車両基地での引退記念イベントは、7月25日に9時30分から12時まで、13時から15時30分まで、16時から18時30分までの3回にわたり実施。引退車両の車内・運転席に入る「3000形車両内見学」、最後の1台の車両から吊り輪をその場で切って記念に持ち帰る「吊り輪狩り!?」、車掌・運転士用の帽子を被って記念撮影(使用後消毒あり)や運転台から車掌マイクを使っての車内放送など行える「車掌に成りきり体験」、地下鉄の運転席を再現した最新シュミレータ―を体験できる「運転シミュレーター体験」、神戸市交通局職員による「神戸市営地下鉄知識 力試し」、神戸市電の昔の車両や資料を閲覧できる「市電車の見学」を予定している。

3000形ラストランヘッドマークのデザイン
「運転シミュレーター体験」のイメージ
「市電車の見学」のイメージ

参加者特典として、イベント限定の「3,000形限定ヘッドマークステッカー」をはじめ、「6000形ボールペン(非売品)」「回数券メモ(非売品)」といった特典を用意するほか、ツアー参加者限定で最後の3000形車両備品購入の先行予約を受け付ける。

参加申込みは7月9日10時から、ツアーを主催するビートラベルの「Kobe Local Tours」公式サイト内「現地ツアー」ページにて、大人(中学生以上)7,200円(小学生以下は大人1名につき1名まで無料)で受け付ける。

#鉄道車両の引退 #鉄道イベント #地下鉄 #電車


神戸市営地下鉄3000形、7月引退 – ヘッドマーク掲出、イベント開催

関連記事

航空、鉄道、自動車: 欧州の運輸セクターはどのように温室効果ガスの排出量を抑制しているのか?

日本旅行と秩父鉄道、電気機関車・客車で夜行急行「三峰53号」の旅

JR大阪環状線にラッピング車両も – 西九州新幹線1年前キャンペーン

「東武鉄道 運転シミュレータールーム」宿泊プラン予約受付開始へ

小田急電鉄、こども向け「1日全線フリー乗車券」4日間のみ100円に

鉄道シミュレーター、泊まりがけで──浅草東武ホテルが宿泊プラン 1泊4万円