相鉄グループの相鉄ホテルマネジメントは、京都市下京区のビジネスホテル「相鉄フレッサイン 京都四条烏丸」にて、「相鉄フレッサイン京都四条烏丸×相模鉄道『鉄道コンセプトルーム』」の予約を7月12日から開始すると発表した。

「そうにゃん」グッズが設置される「鉄道コンセプトルーム」

「鉄道コンセプトルーム」は、ダブルルームとデラックスツインルームのコネクティングルーム(延床38.4平方メートル)を使用し、客室には相模鉄道の全面協力の下、2018年まで相鉄線を走行していた7000系から取り外した部品を設置して運転台の雰囲気を再現。8000系の旧クロスシート(2人掛け部分のみ)も設置する。その他にも、実際に使用したヘッドマークや行先標などが展示される。

相模鉄道キャラクター「そうにゃん」のラッピング電車「そうにゃんトレイン」に使用している「そうにゃんシート」の生地で作成したベッドスローやクッション、「そうにゃん」がデザインされたマグカップなど、コンセプトルーム専用の備品も用意した。

相鉄7000系から取り外し、設置したブレーキ弁ハンドル部
実際の電車で使用していた運転台やクロスシートを設置
鉄道グッズを設置(イメージ)

宿泊対象期間は2021年7月17日から2022年8月31日までで、1日1室限定。1泊食事なしの宿泊料金は3万6,000円だが、このプランの販売を記念し、当面はキャンペーン期間を設けて1室1万2,000円で販売する。7月12日から「相鉄フレッサイン 京都四条烏丸」公式ウェブサイトにて、先着順で予約受付を開始する。

#子鉄 #相鉄 #電車


相鉄が全面協力、京都のホテルに「鉄道コンセプトルーム 」が登場

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ