鉄道車両向け装置の検査不正が発覚した三菱電機は6日、政府などが主催する「Society(ソサエティー) 5.0 科学博」への出展を取りやめると発表した。同社は「関係者に多大なご迷惑をお掛けすることを深くおわびする」と謝罪している。
科学博は東京スカイツリータウン(東京都墨田区)で15日から9月5日まで開催される。三菱電機は不正が報じられた直後の先月30日に出展を公表。創立から100年間の歩みや、空中に投影した映像をタッチ操作できる非接触型ディスプレーなどの技術を紹介する映像の展示を予定していた。

#三菱電機 #東京 #不正 #車両


三菱電機、科学博出展取りやめ

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ