日本民営鉄道協会とJR6社など各鉄道事業者は5日、共同で「暴力行為防止ポスター『藤岡弘、が諭す。人を殴るのは、悪いこと。編』」を制作し、7月9日から各社の駅構内や列車内に掲出すると発表した。

列車内用ポスターイメージ

この取組みは、駅や列車内における駅係員・乗務員等の鉄道係員への暴力行為と、利用者同士のトラブルによる暴力行為に対し、各鉄道事業者が連携して防止を呼びかけるもの。暴力行為件数の減少を図り、より安全に、安心して鉄道を利用してもらえる環境の実現を目的としている。

今回のポスターでは、世間でも正義感に溢れる印象が強い藤岡弘、さんを起用。鉄道係員の出で立ちで、「暴力行為は悪いこと。ひいては犯罪であること」を諭している。ポスター一面に大きくインパクトのある姿とシンプルなコピーで人目を引くデザインとし、駅や鉄道を利用するすべての人へ、駅係員・乗務員等への暴力行為防止を強く訴えかける。ポスターの制作にあたり、警察庁・国土交通省からの後援を受けている。

駅構内用ポスターイメージ

この取組みの参加事業者は、日本民営鉄道協会加盟会社をはじめ、JR6社(JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州)や東京都交通局、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)など計91社局。掲出枚数は駅構内に約5,500枚、列車内に約5万5,500枚。7月9日から9月8日まで2カ月間にわたり掲出される。

#駅 #電車


藤岡弘、「人を殴るのは、悪いこと。」暴力行為防止ポスターを掲出

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売