東武鉄道は7月20日、新藤原駅発の「SL大樹」を初運行する。新藤原駅から下今市駅までの上り列車を「SL大樹4号」とし、一般客が乗車できるように、新藤原駅の特設ブースにて運転日当日の10時30分から12時30分まで座席指定券を限定販売する。

「SL大樹」運行区間の路線図
座席指定券イメージ

新藤原駅発の「SL大樹」の座席指定料金は大人760円・小児380円(乗車区間の運賃が別途必要)。発売座席数は192席。インターネットや駅窓口では発売されない。

また、下今市駅から新藤原駅までの下り列車は、東武トップツアーズの旅行商品として団体専用で運行予定。7月21日に福島県あづま球場で国際的なスポーツ大会のソフトボールが開催されるため、東武トップツアーズではソフトボールの試合が観戦できるツアーを1泊2日(7月20~21日)の旅行商品として発売した。

#観光列車 #東武鉄道 #客車 #蒸気機関車


東武鉄道、新藤原駅発「SL大樹」7/20運行 – 座席指定券は限定販売

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も