東武鉄道は日光・鬼怒川エリアで土休日を中心に運行している「SL大樹」について、1月から実施していたC11形207号機の長期検査が7月に終了し、現在運行中のC11形325号機と合わせて2両体制となることを受け、7月31日から毎日運行を開始すると発表した。

C11形207号機が牽引する「SL大樹 ふたら」
C11形325号機が牽引する「SL大樹 ふたら」

「SL大樹」は7月31日から9月30日まで、平日と祝日は蒸気機関車1両による2往復運転、土日は蒸気機関車2両による4往復運転を中心に実施される。

現在、団体専用列車として運行している東武日光駅発着の「SL大樹 ふたら」については、秋から平日に定期運行し、修学旅行や団体旅行のコンテンツとしても利用できるとのこと。「SL大樹 ふたら」の販売開始については別途案内される。

#東武鉄道 #観光列車 #客車 #蒸気機関車


東武鉄道「SL大樹」7/31から毎日運行、C11形207号機の長期検査終了

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」