東武鉄道は日光・鬼怒川エリアで土休日を中心に運行している「SL大樹」について、1月から実施していたC11形207号機の長期検査が7月に終了し、現在運行中のC11形325号機と合わせて2両体制となることを受け、7月31日から毎日運行を開始すると発表した。

C11形207号機が牽引する「SL大樹 ふたら」
C11形325号機が牽引する「SL大樹 ふたら」

「SL大樹」は7月31日から9月30日まで、平日と祝日は蒸気機関車1両による2往復運転、土日は蒸気機関車2両による4往復運転を中心に実施される。

現在、団体専用列車として運行している東武日光駅発着の「SL大樹 ふたら」については、秋から平日に定期運行し、修学旅行や団体旅行のコンテンツとしても利用できるとのこと。「SL大樹 ふたら」の販売開始については別途案内される。

#東武鉄道 #観光列車 #客車 #蒸気機関車


東武鉄道「SL大樹」7/31から毎日運行、C11形207号機の長期検査終了

関連記事

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」

倖田來未も思わず爆睡!鉄道ファンが注目した高級クラス座席のお値段