四国まんなか千年ものがたり(写真:鉄道チャンネル編集部、2020年3月撮影)

JR四国は2021年7月10日、11日、17日、18日、19日に四国まんなか千年ものがたり「ひまわり紀行」を運行する。

観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の沿線である香川県まんのう町塩入駅付近では、毎年7月上旬から中旬にかけ25万本あまりのひまわりが咲き誇る。JR四国はこれまでも車窓からひまわりを楽しめるよう減速運転を実施してきたが、今年は特別に「ひまわり紀行」と銘打ち、趣向を凝らしたイベントを行う。

特別なおもてなしとして、「そらの郷紀行(多度津発大歩危行き)」を塩入駅に12分間臨時停車させ、今年5月にアテンダントや地元の小学生が種まきをして成長を見守ってきたひまわり畑に案内する。(「しあわせの郷紀行」は通過)

また乗車された方には「ひまわり紀行」限定のオリジナルカードや、ひまわりの種をプレゼント。車内には「ひまわり紀行」限定のフォトブースを設置し、方向幕も普段の「四国まんなか千年ものがたり」から「ひまわり紀行」に変更する。

事前予約制の車内飲食メニューも「ひまわり紀行」限定版に。さぬきこだわり食材の洋風料理(そらの郷紀行の料理)では、ウェルカムドリンクとして、ひまわりをテーマにしたノンアルコールカクテル「ひまわり咲く夏」を用意した。

鉄道チャンネル編集部

#四国 #ひまわり #JR四国 #チャンネル


四国まんなか千年ものがたり「ひまわり紀行」運行へ 方向幕も変更あり

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ