四国まんなか千年ものがたり(写真:鉄道チャンネル編集部、2020年3月撮影)

JR四国は2021年7月10日、11日、17日、18日、19日に四国まんなか千年ものがたり「ひまわり紀行」を運行する。

観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の沿線である香川県まんのう町塩入駅付近では、毎年7月上旬から中旬にかけ25万本あまりのひまわりが咲き誇る。JR四国はこれまでも車窓からひまわりを楽しめるよう減速運転を実施してきたが、今年は特別に「ひまわり紀行」と銘打ち、趣向を凝らしたイベントを行う。

特別なおもてなしとして、「そらの郷紀行(多度津発大歩危行き)」を塩入駅に12分間臨時停車させ、今年5月にアテンダントや地元の小学生が種まきをして成長を見守ってきたひまわり畑に案内する。(「しあわせの郷紀行」は通過)

また乗車された方には「ひまわり紀行」限定のオリジナルカードや、ひまわりの種をプレゼント。車内には「ひまわり紀行」限定のフォトブースを設置し、方向幕も普段の「四国まんなか千年ものがたり」から「ひまわり紀行」に変更する。

事前予約制の車内飲食メニューも「ひまわり紀行」限定版に。さぬきこだわり食材の洋風料理(そらの郷紀行の料理)では、ウェルカムドリンクとして、ひまわりをテーマにしたノンアルコールカクテル「ひまわり咲く夏」を用意した。

鉄道チャンネル編集部

#四国 #ひまわり #JR四国 #チャンネル


四国まんなか千年ものがたり「ひまわり紀行」運行へ 方向幕も変更あり

関連記事

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売

秋の紅葉のシーズンにもおすすめ! 絶景が魅力の嵯峨野観光鉄道「トロッコ列車」に乗ってみた

JR北海道、年末年始に青函トンネル内で北海道新幹線210km/h走行実施へ