オリジナルグッズの企画製造と販売を手がける立誠社は、鉄道グッズブランド「Trainism(トレニズム)」の新商品として、国鉄時代の貨物コンテナをモチーフにしたエコバッグと、JR貨物・国鉄のコンテナをモチーフにしたマスクを7月5日に発売する。

国鉄コンテナをモチーフにした「エコンテナバッグ」とコンテナ柄の「トレインマスク」

同社は2020年10月、JR貨物の19Dコンテナと18Dコンテナをモチーフにしたエコバッグを発売。第2弾となる今回は、鉄道ファンから根強い人気を集める国鉄6000形コンテナと国鉄冷蔵コンテナの2種類を製作した。国鉄冷蔵コンテナのエコバッグは保冷温仕様としている。価格は6000形コンテナが1,100円、冷蔵コンテナが1,540円。

コンテナをモチーフにしたマスクは、19Dコンテナ(赤)、18Dコンテナ(青)、国鉄6000形コンテナ(緑)、国鉄冷蔵コンテナ(白)の4種類を同時に発売。国鉄冷蔵コンテナ柄のマスクは、夏場に快適な接触冷感仕様とした。価格は国鉄冷蔵コンテナのみ600円、他は550円となる。

エコバッグ、マスクともに全国の駅ナカ店舗、鉄道グッズ専門店、駅鉄ポップショップ、駅鉄オンラインショップなどで取り扱う。

#国鉄 #子鉄 #JR貨物 #鉄道グッズ


国鉄・JR貨物のコンテナをモチーフにしたエコバッグ&マスクを発売

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」