オリジナルグッズの企画製造と販売を手がける立誠社は、鉄道グッズブランド「Trainism(トレニズム)」の新商品として、国鉄時代の貨物コンテナをモチーフにしたエコバッグと、JR貨物・国鉄のコンテナをモチーフにしたマスクを7月5日に発売する。

国鉄コンテナをモチーフにした「エコンテナバッグ」とコンテナ柄の「トレインマスク」

同社は2020年10月、JR貨物の19Dコンテナと18Dコンテナをモチーフにしたエコバッグを発売。第2弾となる今回は、鉄道ファンから根強い人気を集める国鉄6000形コンテナと国鉄冷蔵コンテナの2種類を製作した。国鉄冷蔵コンテナのエコバッグは保冷温仕様としている。価格は6000形コンテナが1,100円、冷蔵コンテナが1,540円。

コンテナをモチーフにしたマスクは、19Dコンテナ(赤)、18Dコンテナ(青)、国鉄6000形コンテナ(緑)、国鉄冷蔵コンテナ(白)の4種類を同時に発売。国鉄冷蔵コンテナ柄のマスクは、夏場に快適な接触冷感仕様とした。価格は国鉄冷蔵コンテナのみ600円、他は550円となる。

エコバッグ、マスクともに全国の駅ナカ店舗、鉄道グッズ専門店、駅鉄ポップショップ、駅鉄オンラインショップなどで取り扱う。

#国鉄 #子鉄 #JR貨物 #鉄道グッズ


国鉄・JR貨物のコンテナをモチーフにしたエコバッグ&マスクを発売

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間