南海電気鉄道とJTBは、「高野山の人、モノ、ココロ」をテーマに32のプログラムを体験できるイベント「ふれたい、高野山」を8月23日から9月5日まで開催する。

「ふれたい、高野山」ポスター

両社は2020年10月から関西における観光開発で協働しており、その一環として南海沿線の主要な観光エリアである高野山に着目。将来を見据え、国内外の旅行者から「訪れてみたい目的地」として選ばれるような魅力づくりに取り組むことで合意した。

第1弾の取組みとなる「ふれたい、高野山」では、両社に加え、高野山エリアの寺院・事業者・団体などの関係者が参画。定番スポットを巡る観光スタイルから一歩進み、「パワーをチャージ」「リフレッシュする」など6つのテーマに分けた32種類の特別体験プログラムを通して、「高野山ならではの良さ」を感じてもらうことをめざす。

6つのテーマで32のプログラムを用意する

経文に旋律をつけて唱える「声明」ライブと寺院の夜間拝観、森林セラピーを通して高野山の歴史と自然を体感するツアー、高野山大学によるミニ講義、諸大名とゆかりの深い寺の寺宝拝観など、今回のイベントならではの企画が多数用意されるという。

#南海電鉄


南海電鉄・JTB「ふれたい、高野山」開催、32の特別体験プログラム

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間