高知県の土佐くろしお鉄道中村駅でこのほど、列車内への七夕の飾り付けが行われた。8月31日まで飾られる。

6月30日、検修車庫横に停車した普通列車「だるま夕日号」の車内で社員5人が作業。天の川をイメージした電飾と青いビニールテープで天井を飾ったり、織姫と彦星の飾りや風鈴などを取り付けたりした。

また、中村駅と宿毛駅では7月7日まで、構内に七夕コーナーを設置する。それぞれ「ひかりこども園」(四万十市中村東町)と「中央保育園」(宿毛市貝塚)の園児が作った短冊などの七夕飾りが展示される。

例年は飾り付けも園児が行っていたが、新型コロナウイルスの感染予防を考慮して、今年も昨年に続き、作業は社員のみで行った。作業を終えた社員は「コロナ禍終息を願い天の川を作りました。みんなにも願いをかなえてほしい」と話した。【上野力】

#七夕 #コロナ禍 #終息 #中村


土佐くろしお鉄道の列車に七夕飾り 「コロナ禍終息」の願い乗せ

関連記事

JR東日本、東北本線本宮駅リニューアル – 12/18から新駅舎使用開始

南海電鉄「ラピート」土休日ダイヤのみ10/30からすべての運転再開

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?