超平和バスターズトレイン 外装イメージ

秩父鉄道は、アニメ制作チーム・超平和バスターズとタイアップして2021年4月から運行を始めた、フルラッピングトレイン「超平和バスターズトレイン」をアピールするスタンプラリーを始める。期間は2021年7月17日から2022年3月31日までの約8ヵ月半。ラリー開始直前の7月7日からは、「超平和バスターズトレイン記念乗車券」も発売する。こちらは2021年9月30日まで。

超平和バスターズは、長井龍雪さん、岡田麿里さん、田中将賀さんのアニメーター・脚本家3人をメンバーとする制作チーム。『心が叫びたがってるんだ。』『空の青さを知る人よ』といったテレビアニメや映画作品を送り出している。

秩父鉄道のラッピングトレインは、秩父アニメツーリズム実行委員会との共同企画。埼玉県秩父が舞台とされる、超平和バスターズのアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などの登場人物や劇中画を、7501号3両1編成の車体と車内いっぱいに描いた。

ラリーは秩父、御花畑、三峰口の3駅のスタンプを所定の台紙に押すもので、詳細は未定ながら今後、鉄道沿線で開催する関連イベント会場にも、特製スタンプを置く。景品は3駅で引き替える。

記念乗車券は3駅のほか、羽生、熊谷、寄居、長瀞の各駅、そしてインターネットショップで発売。券面にはアニメキャラクターをあしらう。発売価格は1200円。超平和バスターズトレイン記念グッズ第3弾になるマグネットセットも、記念乗車券と同時発売する。

文:上里夏生
(画像:秩父鉄道)

「超平和バスターズトレインスタンプラリー」の台紙イメージ

#アニメ #コラボ #7月


アニメ制作チームとコラボ 秩父鉄道が「超平和バスターズトレイン」スタンプラリー

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も