中国国家鉄路集団有限公司によると、夏休みの帰省・旅行に伴う鉄道輸送体制「暑運」が1日にスタートした。期間は8月31日までの62日間となる。同期間中、中国全土の鉄道利用者は延べ7億5000万人に達すると見込まれている。2019年同期とほぼ横ばいで、最も多い日で延べ約1400万人が利用すると予想されている。

夏は、学生の帰省、里帰り、観光などのニーズが非常に高まる。そのため、鉄道当局は旅客のニーズに合わせ、鉄道の予約プラットフォーム・12306のビッグデータを十分に解析して、利用者の流れの法則を把握し、的確なケースバイケースの列車アレンジ対策を実施し、旅客輸送商品の供給を継続的に最適化し、サービスのクオリティーを向上させ、旅客が一層快適に鉄道を利用できるよう取り組んでいる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#中国 #帰省 #夏休み #旅行


7月1日から62日間の「暑運」に7億5000万人が鉄道利用の見込み—中国

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ