三菱電機が鉄道に使われる空調機器の検査で不正を行っていた問題で、赤羽国土交通大臣は、「鉄道の安全運行に深く関わる空気圧縮機についてまで、長年にわたり適切な検査が実施されていなかったことは大変遺憾だ」と述べました。

三菱電機が鉄道向けの機器を製造する工場で30年以上にわたり不正検査を行っていた問題が明らかになったことを受け、2日、赤羽大臣は、ほかの機器についても不正がなかったかどうか、三菱電機に対して詳しい報告を求め、厳しく対応していく考えを示しました。

国土交通省は、空気圧縮機がブレーキ装置に重大な影響を与える恐れがあるとして、鉄道事業者に対し、空気圧縮機の点検をしっかりと行い、不具合が確認された場合は報告するよう求めています。(02日19:24)

#三菱電機 #不正 #検査不正 #国交相


三菱電機検査不正、国交相 大変遺憾

関連記事

JR西日本、和歌山線粉河~和歌山間で昼間時間帯の一部列車取りやめ

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」