JR東日本、近畿日本鉄道、京王電鉄、東急電鉄、南海電気鉄道、JR西日本、阪急電鉄の7社は7月1日、AIを活用した非対面・非接触での利用者案内の実証実験を連携して実施していくと発表した。ターミナル駅である南海難波駅と近鉄大阪難波駅間では、両駅の移動経路や両駅を起点とした主要目的地までの案内を動画で紹介するなど、事業者の垣根を越えた実証を予定している。
同取り組みは、各鉄道事業者が2021年7月7日から同年9月30日までの間、より安全な駅環境の提供を目指すために、AIを活用して非対面および非接触での利用者案内を行うもの。
実証実験期間中に得られた結果は各事業者間で共有される。さらに、今後のさらなる利用者案内におけるAIの機能向上に向けて、各事業者同士の連携をより深めていくとしている。
JR東日本は海浜幕張駅と渋谷駅において、音声とテキストでユーザーからの質問に回答する人工知能(AI)接客システム「AIさくらさん」による利用者案内を実施する。乗り換え情報や駅構内の地図案内、観光スポットやおすすめのお土産を提案する。
また、仙台駅、盛岡駅、秋田駅、新青森駅、高輪ゲートウェイ駅には、AIチャットボット「BotFriends Vision(ぼっとふれんずビジョン)」を導入する。同製品は欲しい情報を話しかけると、適切な返答を提供する多言語デジタルアシスタント。画面に触れることなく操作可能な「CleanTouch」を搭載している。
そのほか、各鉄道事業社が全国の計15駅で、39カ所43台のAI案内サービスの導入を予定している。

#実証実験 #JR東日本 #近畿日本鉄道 #京王電鉄


JR東ら7社、AI活用し非対面・非接触での利用者案内 – 実証実験開始

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も