東京 2020 組織委員会および東京都はこのほど、東京 2020 大会期間中の鉄道運行(臨時列車の運行など)について発表した。
東京 2020 組織委員会および東京都はこれまで、観客が移動する需要に対応するための臨時列車の運行などについて、鉄道事業者各社局(2021 年 6 月 30 日時点:20 社局)に検討を依頼し、協議調整を行ってきた。今回、オリンピック期間中、東京圏の広いエリアで、終了時刻の遅い競技の観客が帰宅する需要に対応するための臨時列車を運行することが決定した。
実施期間は、オリンピック開会式の日である7月23日から、オリンピック閉会式の日である8月8日までの17日間。サッカー競技が行われる 7月21日、22日にも一部の路線で運行する。また、路線により運転日も異なるとのこと。実施路線は東京圏全域と地下鉄・ベイエリア。
そのほか、札幌ドーム(札幌市営地下鉄東豊線)、宮城スタジアム(JR 東北本線/利府線・仙石線・仙山線、東北新幹線)、茨城カシマスタジアム(JR 鹿島線・成田線・総武本線・総武快速線鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線/水戸・大洗方面)での競技実施時にも、終了時刻の遅い日の観客の帰宅の需要に対応した臨時列車を運行する。
また、「お台場海浜公園」会場では、早朝(6:30)に開始される競技観戦(7月26日男子トライアスロン、7月27日女子トライアスロン、8月4 日女子マラソンスイミング、8月5日男子マラソンスイミング、8月28 日、29日パラトライアスロン)に対応し、始発前の時間帯に臨時列車を運行する。
実施する路線は、りんかい線、ゆりかもめ。運行日は、7月26日、27日、8月4日、5日、28日、29日。
競技会場の近傍の路線では、観客の利用が想定される競技実施日を中心に、臨時列車の運行や臨時停車、車両の増結等を行う。なお、臨時列車の運行に伴い、一部の定期列車に時刻変更がある場合もあり。
大会期間中に運行される臨時列車のダイヤは、今後順次東京 2020 大会公式ウェブサイトおよび東京 2020 公式アプリ内の「経路検索」で検索できるようになる。各種「乗換検索サイト」では、概ね大会の 2 週間前頃より、臨時列車ダイヤの時刻が反映される見込み。
時刻などさらに詳しい情報は、運行する事業者各社局のウェブサイトでも案内する。

#検討


夜間や早朝など東京 2020 大会期間中の臨時列車の運行を発表

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も