放送プロデューサーの #デーブ・スペクター 氏が1日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大が危惧される中、23日開幕の東京五輪期間中は各鉄道会社が深夜運転を実施するという動きに疑問を呈した。

この日、「すみません、日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が深夜運転」とつづったデーブ氏。

「どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」と厳しく続けていた。

#五輪 #デーブ・スペクター #プロデューサー #ツイッター


デーブ・スペクター氏、五輪期間の鉄道深夜運転に「どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKに」

関連記事

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」

倖田來未も思わず爆睡!鉄道ファンが注目した高級クラス座席のお値段

北陸新幹線福井駅、外観が姿を現す – 8月に駅名標の取付けを実施へ