放送プロデューサーの #デーブ・スペクター 氏が1日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大が危惧される中、23日開幕の東京五輪期間中は各鉄道会社が深夜運転を実施するという動きに疑問を呈した。

この日、「すみません、日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が深夜運転」とつづったデーブ氏。

「どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」と厳しく続けていた。

#五輪 #デーブ・スペクター #プロデューサー #ツイッター


デーブ・スペクター氏、五輪期間の鉄道深夜運転に「どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKに」

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売