タレントでテレビプロデューサーの #デーブ・スペクター が1日、自身の公式ツイッターを更新。東京五輪の開催期間中に、鉄道の深夜輸送や増便が行なわれることについて疑問を示した。

■深夜の運転や大幅な増便

人流を抑制して感染を防止する観点から、これまで首都圏の鉄道などでは終電の繰り上げや減便が実施されてきた。また、まん延防止等重点措置に移行した現在も、飲食店には午後8時までの時短営業が要請されている。

しかし、東京五輪の期間中には、首都圏や競技会場のある各地の鉄道の64路線で、開催にあわせて臨時列車を運行することが発表された。東京では、山手線が深夜2時ごろまで運転するほか、競技会場が集中する臨海部では大幅に増便されることになっている。

関連記事:デーブ・スペクターのオチなしツイートに反響 「そんなに五輪やりたいなら」

■どの地平からだと…

デーブは、「すみません。日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が深夜運転。どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」と少し皮肉を交えて指摘した。

■ユーザーからも共感

ユーザーからは、「日本語ネイティブですけど、私にも分かりません」「私も教えてほしい」「僕もさっぱり分かりません」と共感する声が上がった。

また、「誰もそれを本気でつっこめない日本」「なんでこうなるのか、意味が分かりません」「さすがに目を疑いました」とのコメントも寄せられている。

・合わせて読みたい→デーブ・スペクター、ワクチン接種の遅れに憤り 「政権が変わっても…」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

#デーブ・スペクター #五輪 #疑問 #臨時


デーブ・スペクター、五輪期間中の臨時列車に疑問 「はちゃめちゃな矛盾」

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ