三菱電機が、鉄道に使われる空調機器について30年以上にわたって必要な検査を行わなかったり、データを改ざんしたりしていたことがわかりました。

関係者によりますと、三菱電機は長崎県の工場で製造していた鉄道向けの空調機器について、顧客が指定した方法とは違う条件で製品を検査したり、検査をしないで架空の結果を報告書に記入していたということです。不正は少なくとも30年以上続いていた可能性があるといいます。

6月の社内調査で不正を把握し、対象商品の出荷を停止した上で、納入先の鉄道会社に説明を始めるとともに、経済産業省にも報告したということです。

三菱電機は鉄道向け空調機器の分野で国内シェアがトップクラスで、JRや私鉄にも納品しています。すでに出荷された商品については製品の安全性や機能に影響はないとしていて、「速やかに対応を進め、内容を公表する」としています。

一方、納品先のJR東日本は「三菱電機から当該商品の安全性は問題ないと報告を受けている。現時点で空調装置の故障が多発しているなどの状況は発生していない」とコメントしています。(30日10:29)

#三菱電機 #不正 #長崎県 #製造


三菱電機 鉄道用の空調機器で30年以上不正検査か

関連記事

スチーム洗浄とバキューム機能を1台に搭載・拭き取り仕上げ不要の業務用掃除機、2021年11月1日発売開始

1日で北海道と沖縄、全路線コンプリートも!ピーチ「乗り放題パス」のお得度

JR東海、東海道新幹線東京~新大阪間で10/25から酒類の販売再開へ

JR西日本35系客車&EF65形、山陽本線の記念列車 – 下関駅で出発式

JR四国「伊予灘ものがたり」新車両はキハ185系3両編成、個室を新設

阪神電気鉄道、大阪梅田駅の新1番線を供用開始 – 可動式ホーム柵も