三菱電機が、鉄道に使われる空調機器について30年以上にわたって必要な検査を行わなかったり、データを改ざんしたりしていたことがわかりました。

関係者によりますと、三菱電機は長崎県の工場で製造していた鉄道向けの空調機器について、顧客が指定した方法とは違う条件で製品を検査したり、検査をしないで架空の結果を報告書に記入していたということです。不正は少なくとも30年以上続いていた可能性があるといいます。

6月の社内調査で不正を把握し、対象商品の出荷を停止した上で、納入先の鉄道会社に説明を始めるとともに、経済産業省にも報告したということです。

三菱電機は鉄道向け空調機器の分野で国内シェアがトップクラスで、JRや私鉄にも納品しています。すでに出荷された商品については製品の安全性や機能に影響はないとしていて、「速やかに対応を進め、内容を公表する」としています。

一方、納品先のJR東日本は「三菱電機から当該商品の安全性は問題ないと報告を受けている。現時点で空調装置の故障が多発しているなどの状況は発生していない」とコメントしています。(30日10:29)

#三菱電機 #不正 #長崎県 #製造


三菱電機 鉄道用の空調機器で30年以上不正検査か

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…