三菱電機が鉄道に使われる空調機器について、30年以上にわたって必要な検査を行わなかったり、データを改ざんしたりしていたことがわかりました。

関係者によりますと、三菱電機は長崎製造所で製造していた鉄道向けの空調機器について、顧客が指定した方法とは違う条件で製品を検査したり、検査をしないで架空の結果を報告書に記入したりしていたということです。不正は少なくとも30年以上続いていたとみられます。

三菱電機は鉄道向け空調機器の分野で国内シェアがトップクラスで、JRや私鉄にも納品しています。三菱電機は6月に不正を把握し、対象商品の出荷を停止した上で、納入先の鉄道会社に説明を始めるとともに経済産業省にも報告したということです。三菱電機は「製品そのものの安全や機能、性能に影響がないことを確認している」としています。(30日00:02)

#三菱 #三菱電機 #不正 #製造


三菱電機 鉄道向け空調機器で30年以上不正な検査

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ