JR東日本は7月1日、ハイグレードシェアオフィス「STATION DESK 東京 premium」を東京駅八重洲中央口徒歩1分の場所に開業する。

「STATION DESK 東京 premium」外観イメージ
プレミアムシートイメージ
応接室イメージ
東京駅八重洲中央口徒歩1分の場所に位置する

和を基調とした空間に、完全個室2カ所を有する8席のプレミアムシートと、最大4名利用できる応接室2室を用意。利用者全員にウェルカムドリンクを提供するほか、9月30日まで応接室利用者に東日本エリアの人気駅弁を追加料金なしで提供する開業キャンペーンを実施する。

会員制で、個人利用の場合、「STATION WORK」専用サイトからの会員登録が必要。法人利用の場合はJR東日本との法人契約が必要となる。基本料金はプレミアムシートが15分550円、応接室が15分2,200円。2022年3月まで、プレミアムシート15分330円、応接室15分1,320円のキャンペーン特別料を適用する。

#JR東日本 #駅


JR東日本、東京駅八重洲中央口にハイグレードシェアオフィス開業へ

関連記事

JR東日本E4系「サンキュー Max」旅行商品専用列車、盛岡駅乗入れも

鉄道・運輸機構が改革プラン策定、業務改善の取組を加速

凸版印刷、鉄道事業者7社連携によるAIを活用したお客様案内の実証実験に参加

沢口靖子「鉄道捜査官」が3年ぶりに帰ってくる!“SL登場”で気になる展開

「佐賀駅」開業130周年記念!

東急「電車とバスの博物館」B棟を暫定活用したシェアオフィス公開