JR東日本は7月1日、ハイグレードシェアオフィス「STATION DESK 東京 premium」を東京駅八重洲中央口徒歩1分の場所に開業する。

「STATION DESK 東京 premium」外観イメージ
プレミアムシートイメージ
応接室イメージ
東京駅八重洲中央口徒歩1分の場所に位置する

和を基調とした空間に、完全個室2カ所を有する8席のプレミアムシートと、最大4名利用できる応接室2室を用意。利用者全員にウェルカムドリンクを提供するほか、9月30日まで応接室利用者に東日本エリアの人気駅弁を追加料金なしで提供する開業キャンペーンを実施する。

会員制で、個人利用の場合、「STATION WORK」専用サイトからの会員登録が必要。法人利用の場合はJR東日本との法人契約が必要となる。基本料金はプレミアムシートが15分550円、応接室が15分2,200円。2022年3月まで、プレミアムシート15分330円、応接室15分1,320円のキャンペーン特別料を適用する。

#JR東日本 #駅


JR東日本、東京駅八重洲中央口にハイグレードシェアオフィス開業へ

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」