30日に現役を引退するJR九州のディーゼルカー「キハ66・67形」が海岸を走る雄姿を一目見ようと、JR大村線千綿(ちわた)駅(長崎県東彼杵町)には27日、県内外の大勢の鉄道ファンが訪れ、列車が到着するたびにカメラのシャッター音を響かせていた。

キハ66・67形は旧国鉄時代の1975年に運行を開始。座席を進行方向に変えられる「転換クロスシート」や車内冷房が先進的で、2001年からは活躍の場を県内に移し、長崎—佐世保間を走る快速列車「シーサイドライナー」の愛称で親しまれてきた。

JR九州長崎支社は「46年もの間、多くの人に愛されてきた。ありがたい限りです」と話す。同社は30日、行き先字幕に「ありがとう」と記したラストラン列車を運行する。佐世保、長崎両駅ではラストランを見送るイベントがある。【杉山恵一】

#ラストラン #引退 #長崎県


シーサイドライナー「キハ66・67」 30日ラストラン JR九州

関連記事

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売

秋の紅葉のシーズンにもおすすめ! 絶景が魅力の嵯峨野観光鉄道「トロッコ列車」に乗ってみた

JR北海道、年末年始に青函トンネル内で北海道新幹線210km/h走行実施へ

近鉄の名阪特急「ひのとり」大阪・名古屋から伊勢志摩方面へ乗入れ