30日に現役を引退するJR九州のディーゼルカー「キハ66・67形」が海岸を走る雄姿を一目見ようと、JR大村線千綿(ちわた)駅(長崎県東彼杵町)には27日、県内外の大勢の鉄道ファンが訪れ、列車が到着するたびにカメラのシャッター音を響かせていた。

キハ66・67形は旧国鉄時代の1975年に運行を開始。座席を進行方向に変えられる「転換クロスシート」や車内冷房が先進的で、2001年からは活躍の場を県内に移し、長崎—佐世保間を走る快速列車「シーサイドライナー」の愛称で親しまれてきた。

JR九州長崎支社は「46年もの間、多くの人に愛されてきた。ありがたい限りです」と話す。同社は30日、行き先字幕に「ありがとう」と記したラストラン列車を運行する。佐世保、長崎両駅ではラストランを見送るイベントがある。【杉山恵一】

#ラストラン #引退 #長崎県


シーサイドライナー「キハ66・67」 30日ラストラン JR九州

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ