近畿日本鉄道と福山通運は28日、近鉄の名阪特急「アーバンライナー」(大阪難波~近鉄名古屋間)を使用した貨客混載事業について、6月28日付で国土交通大臣から同事業に係る物流総合効率化法にもとづく総合効率化計画の認定を受けたと発表した。

アーバンライナーへの積載(イメージ)

両社による事業に関して、近鉄は列車の空スペース(旧車販準備室)を有効利用した運送サービスのため、投資を要さずに新たな収益につなげられる。福山通運は自動車運送業の担い手不足の解消、CO2排出量の削減といった社会的課題を解決するほか、大阪市内~名古屋市内間の当日配送が安価で提供できることになり、利用者の利便性が向上する。翌日以降の配送が主流であった大阪市内~名古屋市内間において、福山通運は7月1日から当日配送サービス「福山グリーン便」を開始する。

大阪市内~名古屋市内間での当日配送サービス「福山グリーン便」では、福山通運が午前中に荷物を集荷して「アーバンライナー」に積み込み、「アーバンライナー」で大阪難波~近鉄名古屋間を輸送。福山通運が「アーバンライナー」から荷物を積み卸し、当日の夕方に配達するという輸送フローで実施される。

輸送フロー図(イメージ)

料金は2kg・60サイズ(幅×奥行き×高さ3辺の長さ合計60センチメートル以内)の場合で1,700円。7月1日からサービスが開始される。

#特急列車 #近鉄 #電車


近鉄「アーバンライナー」で貨客混載事業、福山通運と – 7/1開始へ

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ