JR東日本は相模線と宇都宮線・日光線にE131系を導入すると発表した。置換え対象となる205系は国鉄時代末期に誕生し、JR東日本とJR西日本で量産が継続された。通勤形電車としては地味な存在に見えるものの、「省エネ電車」と呼ばれた201系の進化形として量産され、製造総数1,461両の大所帯だった。まだ「終焉」と呼ぶには大袈裟だが、老朽化には抗えない。205系の現在と今後を占ってみたい。

宇都宮線(東北本線)宇都宮~黒磯間の普通列車に使用される205系

■国鉄時代から始まった「省エネ」

少し大きな話から始めると、現在、地球温暖化対策として、カーボンフリー、脱炭素など、二酸化炭素を減らす取組みが行われている。日本では化石燃料を使った発電が多いため、電力の節約も重要になっている。鉄道事業者も電車の省エネルギーに取り組む必要がある。その意味で、205系は鉄道史を刻む車両のひとつだ。

「省エネ電車」といえば、205系の2代前に製造された201系の代名詞だった。201系は減速時のモーターを発電機として、発生した電力を架線に戻す回生ブレーキを国鉄で初めて採用した。また、従来の抵抗制御方式ではなく、チョッパ制御方式を採用した。抵抗制御の構造は単純だが、余分な電力を熱変換して捨ててしまう。もったいない。チョッパ制御は、半導体によって電圧の「オンとオフを連続(チョップ)」させて電流を変化させる。そもそも余分になる電力を使わないようにする。

国鉄は201系の次に203系を新造し、常磐線の千代田線直通車両とした。省エネ性能をさらに進めるため、車体を鋼製からアルミ製に変更して、1両あたり約6トンの軽量化に成功する。ただし、地下鉄仕様として作られたため、先頭車前面に避難用扉があるなど、車体構造は複雑だった。

続いて登場した205系は、203系とは異なる進化を遂げた。車両全体を軽量化するため、ステンレス製車体を採用。台車も構造を簡素化したボルスタレス方式になった。製造コストを下げるため、制御方式も界磁添加励磁制御に変更。これは低コストな抵抗制御を採用しつつ回生ブレーキも実現するしくみだ。ブレーキは新開発の電気指令式となった。

つまり、201系の省エネ性能をさらに向上させた電車が205系だ。この頃の省エネは地球環境のためではなく、オイルショックで高騰する電力コストを下げるためだった。赤字問題で批判され続けた国鉄にとって、コスト削減は急務で、201系に「省エネ電車」のヘッドマークを付けてアピールしたほど。しかし、制御方式だけではなく、軽量化など総合的な省エネ技術は205系から進化し、その後の鉄道車両の環境性能向上につながっている。

■多岐にわたる導入線区、顔つきも違う

205系は国鉄時代の1985(昭和60)年に運行開始し、JR発足後も1994(平成6)年までJR東日本・JR西日本が新製投入した。最初に投入した路線は山手線で、10両編成34本を製造。続いて京阪神地区の東海道・山陽本線の各駅停車用として、7両編成4本を投入した。ここまでが国鉄時代の製造だ。

JR発足後は、JR東日本が山手線に10両編成20本を追加し、103系を置き換えた。その後、横浜線、南武線、中央・総武線(各駅停車)、埼京線・川越線、京浜東北・根岸線と投入が続く。205系はステンレス製車体のため、103系のようなラインカラー塗装に代わり、カッティングシートの色帯を施していた。

1990(平成2)年の京葉線全線開業に合わせて投入された編成と、その後に武蔵野線へ投入された編成は先頭車のデザインが変わり、前面をFRPで防護した。鉄道趣味誌によると、ディズニーランドのアクセス路線として愛嬌を持たせたという。当時はバブル経済の末期であり、JR東日本の発足から3年。遊び心を出す余裕もあったようだ。

日光線の205系。京葉線で活躍した車両を改造しており、先頭車のデザインが従来の205系とは異なる
相模線の電化に合わせて新製投入された205系500番台

205系最後の新製投入となった相模線では、もっと大胆に表情が変わった。それまで前面のガラスを2枚で一体的に見せていたが、相模線の車両は仕切り部をガラス回りと同色とし、2枚を際立たせた。助手席側の窓を下方に拡大し、こどもや背の低い人も前面展望を眺めやすくしている。相模線電化完成にあたり、イメージアップを図ったバージョンだ。内装も従来の暖色系から寒色系になり、室温保護のため半自動ドアになった。基本設計は変わらないものの、さすがに変更点が多く、製造番号は500番台となった。横浜線に直通して橋本~八王子間を走る運用もあるため、乗り間違い防止にも役立っているだろう。

JR西日本でも、1988(昭和63)年に205系1000番台が新製され、4両編成5本を阪和線に投入した。こちらも表情が微妙に異なり、助手席側の窓ガラス部が少し下げられている。これも前面展望に配慮したスタイルのようで、運転席機器類の位置が変わって見通せるようになった。

■「ところてん式」転属後の現在

主要路線に新型車両が投入されると、旧型車は押し出されるように転属して、もっと古い車両と置き換えられる。新入社員が配属されると古株が移動する「ところてん式人事」のようなものだ。205系も例外ではなく、山手線や埼京線などで新型車両の投入にともない押し出された。その範囲はJR管内にとどまらず、富士急行に譲渡された編成、さらには海外のインドネシアへ渡った編成もある。現在、JR東日本・JR西日本で205系が残る路線は次の通り。

【JR東日本】

  • 宇都宮線(東北本線) : 小金井~黒磯間などで運用していた211系を置き換えるため、京葉線や川越線などの車両を改造した4両編成を投入。改造元の違いにより、先頭車のデザインが異なる。2022年春からE131系(3両編成)に順次置き換えられる予定。

  • 日光線 : 107系を置き換えるため、京葉線などの車両を改造した4両編成を投入。2018年に1編成が観光車両「いろは」にリニューアルされた。2022年春からE131系(3両編成)に順次置き換えられる予定。「いろは」の動向が気になるが、E131系に置き換えられるとしても最後のほうだろう。E131系版「いろは」はあるだろうか。あるとしたら、「いろは」の後継車は「にほへ」かな(笑)。

  • 相模線 : 前出の通り、電化にともない気動車をすべて205系500番台に置き換えた。製造グループとしては最後のほうだが、2021年秋からE131系(4両編成)に順次置き換えられる予定となっている。

  • 鶴見線 : 103系を置き換えるため、山手線と埼京線の車両を改造した3両編成を投入。

  • 南武線支線(浜川崎~尻手間) : 101系を置き換えるため、中央・総武線(各駅停車)と山手線の車両を改造した2両編成を投入。

  • 仙石線 : 103系を置き換えるため、山手線・埼京線・南武線の車両を改造した4両編成を投入。

鶴見線の205系。中間車だった車両を先頭車に改造したため、それまでの205系とは異なるデザインに

鶴見線と南武線支線、仙石線については、2021年6月24日現在、新型車両等による置換えは発表されていない。E131系へ置き換える流れにも見えるが、205系以降の車両(E231系など)を編成短縮・改造した上で投入するかもしれない。

【JR西日本】

  • 奈良線・大和路線(大和路線) : 京都~奈良間で運行している103系・201系など既存の4扉車を置き換えるため、阪和線の4両編成(205系1000番台)が転属したほか、6両編成だった205系の中間車2両を廃車し、4両編成化した。
阪和線から奈良線に転属した205系

なお、おおさか東線の開通などで車両が必要になったこともあり、奈良線では103系、大和路線・おおさか東線では201系がいまだ現役で活躍している。今後、奈良線の複線化が完成することを考えると、車両数を減らせない。JR西日本は古い電車に延命工事を施して長く使う傾向があり、103系や201系と同様、205系も長生きしそうだ。

鶴見線と南武線支線では、2022年3月から水素燃料電池と蓄電池を組み合わせたハイブリッド車両FV-E991系(愛称「HYBARI」)2両編成を試作し、運行試験を行う予定となっている。水素は臨海工業地帯で工業副産物として発生しており、カーボンフリー、カーボンニュートラルを進める上で注目されている。試験が順調に進めば、鶴見線と南武線支線も一気に最新型になるかもしれない。

JR西日本もカーボンニュートラルに取り組んでいる。そのためには205系に頑張ってもらい、もっと古い電車を先に引退させたいだろう。205系の去就は、誕生から廃車まで、つねにエネルギー施策とともにあるといえそうだ。

#鉄道車両の引退 #国鉄 #JR東日本 #電車


新型車両E131系の導入で追われる205系、省エネ史に残る名車である

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も