宇都宮市・芳賀町の在住者らを対象としたLRT車両「ライトライン」(HU300形)の見学会が26日、宇都宮市の車両基地で開催された。今回の見学会は6月26日から7月18日までの土日、各日4回実施予定。8月末に栃木県内在住者らを対象とした見学会も予定している。

芳賀・宇都宮LRTの車両「ライトライン」(HU300形)

宇都宮市・芳賀町の新たな公共交通となるLRT(次世代路面電車システム)は現在、宇都宮駅東口停留場から芳賀・高根沢工業団地停留場まで約14.6kmの区間において、2023年3月の開業をめざし、整備工事が進められている。公設型上下分離方式が採用され、宇都宮市と芳賀町が整備主体として軌道等の施設や車両を整備・保有。行政と民間が出資した新会社「宇都宮ライトレール」が営業主体として事業運営を担う。

「ライトライン」は3車体連接の低床式車両(LRV)で、車型はHU300形。5月27日に1編成目(HU301-A・HU301-C・HU301-B)が車両基地へ搬入され、5月31日にお披露目式が行われた。宇都宮市民・芳賀町民らへのアンケートを経て決定した愛称「ライトライン」には、宇都宮の別名「雷都」と、LRT(Light Rail Transit)の一部に含まれ、「光」「明るい」の意味もある「LIGHT」を冠し、「雷都」「LIGHT」と「LINE」を組み合わせることで、「(未来への)光の道筋」といったメッセージが込められているという。

「ライトライン」は3車体連接の低床式車両
車内の座席は計50席、座席幅は450mmとのこと
中間車にフリースペースを備える


見学会ではLRTに関する説明を行った後、車内と外観が公開された


乗降りの方法や運賃、「ライトライン」の運転台について説明するパネルも

第1回となる「ライトライン」見学会の募集は6月17日まで行われた。地元である宇都宮市・芳賀町の在住者および通勤・通学者に対象を絞り、各回抽選20組(20~30名程度)として募集を行ったところ、応募者が約4,000名に達したと報じられている。当日は車両の公開に先立ち、整備の進むLRTに関する説明が行われ、「ライトライン」を17編成導入する予定であること、信用乗車方式を採用し、ICカードならすべての扉から乗降可能であることなど紹介。新潟トランシスから宇都宮市の車両基地へ、「ライトライン」が搬入される様子を収めた動画も公開された。

続いて「ライトライン」の車内と外観を公開。今回は夫婦やこども連れでの参加が多く、車内見学の後、車両の前で記念撮影を行う姿が目立った。一方で、車両を隅々まで撮影する人も。約1時間の見学会だったが、デビュー前のLRT車両をひと足早く楽しんでいた様子だった。

「ライトライン」見学会は6月27日以降も土日に各日4回、7月18日まで開催予定。第1回募集分に続き、栃木県内在住者および通勤・通学者を対象とした第2回の募集も予定しており、申込フォームまたは往復はがきにて7月19日まで申込みを受け付ける。第2回募集分の「ライトライン」見学会は8月21・22・24・26・28・29日、各日4回(計24回)の開催を予定している。

#新線 #鉄道イベント #車両新造 #改造 #新型車両 #電車 #路面電車 #LRT


「ライトライン」HU300形、地元住民ら対象のLRT車両見学会スタート

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売